読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKB48グループの朗読劇「アドレナリンの夜」に行ってみた!怖くないとか嘘だろ!!

スポンサーリンク

 

http://www.nelke.co.jp/stage/ADRENALINE/images/comment_image_path__1.jpg

 

 

先日AKB48グループが10月6日~10月13日にわたり六本木ブルーシアターで上演していた朗読劇「アドレナリンの夜」に行ってきました!

 

f:id:narcisman:20151013140153j:plain

 

 まず六本木ブルーシアターが遠い遠い…。

http://static.wixstatic.com/media/ac3d3d_f2c903b36951401f9976a811be114cc6.jpg_srb_p_600_416_75_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srb

 

ヒルズ側から行くと近いのですが、そっちからは行けないらしく、最近何かと話題の「鳥居坂」から行かねばなりません。

それがまあわかりにくくてですね、タクシー乗ろうかな?と思ったのですがタクシーって方向が合ってるのが前提じゃないですか?(伝わるかな…)

方向が合ってる気すらしなくてね。鳥居坂の通りに出たのは分かったんだけどそこからも遠い。ブルーシアターの敷地内に入ってからも遠い。

  

 そんなわけで六本木駅に到着したのが開演30分前だったのにもかかわらず、劇場の自分の席に着いたのが開演2分前というギリギリっぷりに…。

 まず六本木駅って地下に潜り過ぎて地上までが遠いよね。

 

 到着してまず困ったのが、ブルーシアターって前の座席との間隔がなさ過ぎて、中程の座席に向かうのに通るスペースが殆ど無い!

 なので「すいません…」と言って自分の席まで行くのに、立ってもらわないといけないっていう。こういうの小さいことだけどすごく気になるなあ。

 その分ステージまで近いっていうメリットが有るのもわかるけど、程度ってもんがあると思う…。

 

 席に着くと真っ暗な中でちょっとだけ灯りがあり、「うぅぅううううううああああ」みたいなうめき声がしている。

 雰囲気あるんだけど、なんせこれがちょっとしつこくて面白い感じなっちゃってる。んで開演時間ぴったりに気味の悪い衣装を着たバイオリニストが登場し、劇がスタートする。終始このバイオリニストの奏でるバイオリンが物語のキーポイントに使われていく。これは生演奏。

 

スポンサーリンク

 

 最初は出演するメンバー5人で軽く挨拶。

「携帯の電源を切れ、この劇場にうごめく者達は携帯を通じてあなたに…」

など、観覧マナーを怖い話風に進行。

「お手洗いに行きたい方は…もう間に合いません、諦めてください」に観客がどっと沸く。

でもこれ冗談じゃないからね、ブルーシアターの座席上、トイレとか迷惑すぎて行けないからね本当に…。

 

 そして、挨拶の締めにメンバーが観客席の通路を大移動!

あぁ観客席通路をフルに使う演出ってこれなんだとちょっと興奮。

しかもなんかメンバーとは別に「劇場の呪縛霊たち?」みたいな仮面を付けた子たちもいて、それがめちゃくちゃ怖い…。

 画像探そうと思ってけどそれも怖いのでやめておく。

ナル男はめちゃくちゃ怖がりなので、この時点で怖すぎて来たことを後悔しだす←

 

 以後は、メンバーが1人1人朗読を始めていくオムニバス形式になる。

「トンネル」みたいな題名のものからスタートだったと思う。

なお、朗読は1人で進められていくんだけど、主人公以外の他の登場人物は山寺宏一 氏等有名声優の録音で当てられている。

 

 「トンネル」は「出る」と噂されてるトンネルに興味本位で近づいてしまう女の子たちのお話。

 そのトンネルで赤ん坊を連れた女の人から、赤ん坊を預かってしまうとその赤ん坊に…という噂。「なら赤ん坊なんて預からなければいいじゃん!」と短絡的に考えてトンネルに入るものの、本当に赤ん坊を連れた女の人に遭遇してしまい、全力疾走で逃げるものの、トンネルを出たところで友達の女の子が…

 

 「私、赤ちゃん預かっちゃった…」

 

 ギャー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

(ナル男の内心)

 

 ここでとてつもない効果音と舞台効果がなされている!

のだが、怖すぎてナル男は目を開けることが出来ない笑

 確か赤ん坊が舞台上で…みたいな演出だったと思うけどよく見てないから笑

 

 こんな感じでメンバー5人×2回の計10本の朗読が行われる。

なんというか「世にも奇妙な物語」とか「ほんとうにあった怖い話」っぽいなあという印象。

 正直話し始めでオチが分かってしまうようなシンプルなお話だし、あの真っ暗でちょい怖な劇場の雰囲気と効果音や舞台演出で「おどかす」ことありきの劇なんだけど、超怖がりのナル男には十分怖い笑←良い客だよね

  途中、メンバーがステージ上ではなく、客席通路で朗読をしたりするんだけどナル男の席は残念ながら振り返らないとメンバー見れないとか言う残念な席だったので、首痛くなりそうだし、メンバーについてくる仮面の女達怖いわで前だけを見てほとんど目をつぶってました笑

 両隣がおじさんだったんだけど「この兄ちゃん何でずっと寝てんの?何しに来たの?」って思ったと思うけど、怖いんだよ!

 ネットでは全然怖くないという話だったのに…。 嘘だろ!

 

 

 10本のオムニバス形式の朗読が終わると、エピローグの「ブルーシアターの秘密」がスタート。これは5人全員参加。

 劇団アドレナリンの舞台「女優A」がブルーシアタ ーで行われることになり、それにまつわる愛憎劇。

 

 というか憎劇笑

 

 舞台上には仮面の女たちフル出演で、どうもブルーシアターには憎しみや妬みと言った負の感情に「取り憑く者達」がいるらしく、それを仮面の女たちが演じているらしい。

 

 

 朗読中のメンバーの周りでその仮面の女たちがうごめくんだけど、メンバーたちはあくまで気づかないフリ。俺なら無理だわ-。

 

 エピローグは、この演出を除いてはそんなに怖くないかな。女の嫉妬って怖いよね、みたいなありきたりな話だし。オチがとってもシュール。

     

 眠れなくなるかな~?と思ったけど話がよく言うとシンプル、悪く言うと深みが無いので、そんなに深く考えすぎるということなく、ぐっすり眠れました笑

 ず~っと怖がってたやつが何を言ってんねんという話だけどね笑

 

 やっぱりエンタメは、現場に出かけるのが楽しいな~と思ったね。

あー映画館に映画観に行きたいな~。 

スポンサーリンク

 

※追記 なんとアドレナリンの夜朗読劇がhuluで全公演配信決定!

目をつぶっててよく見れなかった話も復習出来るぞ!?

でもスマホ画面やPC画面も直視出来るのか!?笑

まあ何にせよhuluヘビーユーザーのナル男にはうれしい限り!!

行った回とは違うメンバーの朗読も見てみたい!

 

 

↓よろしければはてなブックマークお願いします!励みになります!↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

スポンサーリンク