冬のメンズアクセサリーはより幅広く選べる!シルバー、ゴールド、レザーアイテムから逸品を紹介!

スポンサーリンク

 

メンズのアクセサリー、冬はどうする?より広いバリエーションから選ぶネックレスやブレスレット・バングルを紹介!意外と難しい男子へのクリスマスプレゼントの参考にも!

 

 

f:id:narcisman:20161220065454j:plain

https://www.jamhomemadeonlineshop.com/fs/official/JBR080

 

 今日は冬のアクセサリーについて考えてみたいと思います。

基本的に夏と冬でアクセサリーに対する志向が大幅に変わったりするわけではないので、夏に出した記事の補足のような形となります。

  

www.narcisman.com

 

しかし冬は、夏には付けにくかったレザーアイテムなども選択肢に入ってきて、よりバリエーション豊かにアクセサリーを選ぶことが出来ます。

そこらへんも解説していこうと思っています。
 
それでも、やはり「シンプル」を基本に。
コーディネートの中でゴチャゴチャとせずに、あくまでキラリと光るアイテムを選んでいきましょう。

 

スポンサーリンク

 

冬はレザーやゴールドのアイテムが使いやすい!

 

 付けた途端に体感気温が上がる…そのようなアクセサリーは無いので、基本的には一年中どんなアイテムでも付けて良いのですが、それでも冬はレザーやゴールドといった温かみを感じるアイテムも付けやすくなりますね。

 

私も秋口からレザーのブレスレットを付け始めます。

 

f:id:narcisman:20161220055244j:plain

 

レザーブレスレットを選ぶ基準は、平ヒモタイプではなく、丸ヒモタイプを選ぶことです。

平ヒモタイプも物によっては悪くありませんが、格安品に多いタイプで、ちょっと安っぽい物が多いので。

 

そしてある程度太さを持ったものを選ぶ。

コードタイプの完全にヒモ状のものは、本当にヒモを巻いているように見えて貧相になりやすいのです。

 

 

f:id:narcisman:20161220080654j:plain

http://www.selectsquare.com/shop/beautyandyouth/goods/2933303

 

ある程度太さを持った丸ヒモなら上記のようなシンプルなもので十分ポイントになりますが、もっと良いものが欲しい!というのであれば、現在ならジャムホームメイドのディアダイヤモンドブレスレットがオススメですね。

 

f:id:narcisman:20161220080851j:plain

 http://www.jamhomemadeonlineshop.com/fs/official/Bracelet/J-BR035

 

ジャムホームメイドのディアスキン(鹿革)を使ったシンプルなロールブレスに小さなダイヤモンドの入ったシルバーパーツが付いたちょっと豪華なこのブレスレット。

 

結び目を解いて、切って長さを調節するタイプになります。

大きな方の結び目(こちらは解いては駄目ですよ)が可愛いんですよね。

 

ディア特有の柔らかい繊細な質感も味わえますよ。

牛革の堅牢さとはまた違った革の味わいが十分味わえます。

 

 

誕生石シリーズ(1月~12月の誕生石にちなんだカラー展開)も良いんですが、よりメンズが付けやすい黒と茶色が今年は復活。

 

f:id:narcisman:20161220081011j:plain 

https://www.jamhomemadeonlineshop.com/fs/official/Bracelet/J-BR035

 

私も誕生石のカラフルな物を別バージョンを含めて過去に何本も所有していましたが

やはり茶や黒は付けやすいですね。

 

カラフルな物は夏場の方が付けやすいかもしれません。

 

f:id:narcisman:20161220082155j:plain 

https://www.jamhomemadeonlineshop.com/fs/official/Bracelet/J-BR035-DEC

 

f:id:narcisman:20161220082224j:plain 

https://www.jamhomemadeonlineshop.com/fs/official/Bracelet/J-BR035-DEC

 

色はプレゼント等でなければ、誕生月にこだわらなくて良いと思いますよ。

私も自身の誕生月とは全く関係のない青系のものを好んで付けていました。

 

このブログでも何度も登場していますが、発売から何年経ってもオススメ出来るアイテムですね。

ほんとメンズのレザーブレスレットは良いものが少ないですし…。

 

レザーは下記のようなワイドな太バングルタイプを付けても良いのですが、どうにもレザーストラップの腕時計をする場合に、両手にボリューミーなレザーストラップが存在することになってバランスが悪いと思います。

 

(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ) BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS BY ∴ イタリー レザー ワイド ブレスレット 

 

こういうタイプがしたいのであれば、メタルブレスの腕時計と対にしたほうがバランスが取れるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

冬はレザーをネックレスに!?

 

 ネックレスといえばシルバー製の物がメインとなるとは思うのですが、レザー物を付ける事もできるのが冬。

中上級者向けなのが、このレザーによって冬のシンプルな装いに一気に変化を付ける方法です。

 

例えばキークロシェット。

 

 

Hender Scheme [エンダースキーマ] key neck holder(キー ネック ホルダー レザー) 

 

「クロシェット」とは、フランス語で「小さな鐘(かね)」を意味します。

革製の鐘形のケースの中にカギをセットすることが出来る、非常に機能的なネックレスでもあるのですが、その大きさ的に冬にニット、コートなどと合わせるのが理想的。

 

f:id:narcisman:20161220100441j:plain

出典 http://wear.jp/20001479/5840089/

 

レザーだけでなく、シルバーなどを組み合わせるとちょっと高くなってしまうアイテムが多いのですが、比較的安価に買えるのも魅力的ですね。

 

 

レザーにシルバーを組み合わせるとグッと雰囲気が増してきます。

 

昨年紹介したこのようなシンプルな物でも良いですし…

 

f:id:narcisman:20161220093821j:plain

出典 http://wear.jp/item/3977355/ 一昨年発売の物、現在は完売

 

 

レザーループタイも冬場はオススメ。

 

f:id:narcisman:20161220093010j:plain

 

【idealism sound】 イデアリズムサウンド idealismsound No.15078 BLACK シルバー レザー ループタイ ネックレス 

 

ループタイっていうと、なんだかゴテゴテっとした物が多く、おじさんっぽいイメージもあるのですが、イデアリズムサウンドの物はレザーとシルバーパーツを組み合わせたシンプルなネックレスとしてループタイを解釈、再構築しています。

 

この手のレザーネックレスは、冬コーデの胸元に本当にハマるんですよね。

 

そしてレザーネックレスでは昨年も紹介したハリムの物も相変わらずオススメ。

 

f:id:narcisman:20161220102306j:plain

  ハリム HARIM  ROCK BEADS NECK K18coating Necklace 

 

K18(18金)でコーティングされたシルバービーズを編み込みレザーに通したネックレスは、ニットとの相性が抜群。

 

f:id:narcisman:20161220094748j:plain

 HARIM ハリム HRP117GPC Rock Beads Necklace WGold ゴールド Silver シルバー ビーズ ネックレス 

 

ゴージャスなんだけど、いやらしくならない、ギリギリのライン。

ニットがシンプルならシンプルなだけ、アクセサリーを引き立ててくれますね。

 

※店によって値段が違うのは、シルバービーズの数の違いもあるようです。

 

スポンサーリンク

 

 

小さく繊細なトップを持ったネックレスはオールマイティーに活躍

 

 メンズのネックレスは、とにかくいやらしく感じさせないバランスが大切です。

 

シンプルなデザインのネックレストップであっても、その大きさによってはいやらしく感じさせてしまうもの。

 

小さく、繊細なトップのネックレスを以前からオススメしています。

 

 

f:id:narcisman:20161220103906j:plain

 

www.narcisman.com

 

 

 

 

イデアリズムサウンドはこの「三日月」の他にも非常に繊細なネックレストップのネックレスを出してくれています。

ここまで繊細なメンズネックレスは他にはなかなか無いですね。

 

他にも時期的にぴったりな「クロス」モチーフや、トレンドの「フェザー」などもこのブランドらしくアレンジされていて、取り入れやすくなっています。

ネックレスはしたことがない、というメンズはもちろん、既存のネックレスにどうも納得できなかったという方にもオススメ出来るブランドですね。

 

各モチーフゴールドバージョンと、シルバーバージョンがあります。

私のオススメは、している人が少なく差別化しやすいゴールドなのですが、シルバーは値段的にも取り入れやすく最初はシルバーで良いと思います。

 

 

「クロス」

 

 

「フェザー(羽根)」

 

「太陽」 

 

「錨(イカリ)」 

 

 

 

やっぱり本命は、シンプルなブレスレット・バングル 

 

 まず1つ入手して欲しいアクセサリーは何か?といえば、ネックレスと迷うのですが、やはりシルバーのブレスレット・バングルかなと思います。

 

それも冬は出来れば細めが良いですね。

太いとアウターと干渉してしまうし、冬は長袖の手元からチラッと見せるだけで良いので。

 

f:id:narcisman:20161220111131j:plain

出典 http://zozo.jp/shop/factotum/goods/6815670/

 

 FACTOTUMのブラスバングルは、メンズのアクセサリー入門編としてこれ以上無く適任なアイテム。

 

価格的にも入手しやすいんですが、細さや厚みが初めてのアクセサリーには本当にちょうどいいと思います。

 

f:id:narcisman:20161220112313j:plain

出典 http://zozo.jp/shop/factotum/goods/6815670/

 

時計などと重ねても全く重くならない細さ。

腕の露出度が上がる夏は他のアクセサリーと重ねると良いと思います。 

 

ハンマーで叩いて、ちょっとずつ歪めたようなデザインが良いんですよね。

 

その上位版がこちら。

 

f:id:narcisman:20161220113457j:plain

 

【idealism sound】/イデアリズムサウンドidealismsound/No.14109バングル/Bangleブレスレット

 

 こちらは本当に手作業で表情を付けた非常に雰囲気のあるシルバーブレス。

 

ブラス(真鍮)にシルバーコーティングではなく、シルバー925を使っています。

シルバー925は、sterling、スターリングシルバーなどと呼ばれ、「本物」や「信頼できる」といった意味があります。

厳密な純銀ではないのですが、コーティングではなく本物の銀で出来ていると言ってよく、末永く使えるのはシルバー925製ですね。

 

太さが3mm,5mm,7mm,10mm,15mmから選べます。

このアイテムに限っては極細ではなく、少し太めを選んで表情を楽しんでもいいですね。

バングルは最初は細めから入って徐々に太く…と志向していく人が多いですね。

メンズがブレスレットを付けるって、地味に抵抗がありますからそういう入り方も自然なのかな。

 

本当にこのブランドはメンズにはあまり見られない繊細なアクセサリーを出してくれます。

 1つの作品を見ているようで楽しいんです。

 

 

次に、おそらく最もシンプル・ミニマルなシルバー925製ブレスレットがこちら。

 

f:id:narcisman:20161220122515j:plain

 

https://www.jamhomemadeonlineshop.com/fs/official/JBR079

 

これはもう間違いない、ザ・シンプル・イズ・ベストといったアイテム。

 

価格的にもシルバー925製のブレスレットを見る上で、良い指標となるのではないでしょうか。

 

 

f:id:narcisman:20161220122902j:plain

 

https://www.jamhomemadeonlineshop.com/fs/official/JBR079

 

とことんシンプル。

ありそうでないんですよね、 シルバー925製のとことんシンプルなバングル。

価格もシルバー925製にしては抑えめだと思います。

 

これもやはりミディアムまでの細めがいいでしょうね。

 

  

バングルの最後は、夏からずっとオススメしているこちら。

 

www.narcisman.com

 

f:id:narcisman:20161220123829j:plain

出典 http://milokwebonline.com/?pid=90160389

 

MILOK(ミロック)のこのスターリングのバングルは、シルバーとレザーを組み合わせた、冷たさと温かさという相反する要素が同居する傑作。

 

デザイナーの方も着用していますが、基本的に24時間常にしているそうです。

そうしていくと、綺麗だったシルバーに小傷が入り、革にも経年変化が生まれて、アンティークのような佇まいに。

常に一緒に時を重ねたくなるのもうなずける逸品ですね。

 

シンプルながら一步踏み出たデザイン性があり、確実に手元に注目を集めるでしょう。

 

美しいアクセサリーって、もっとよく見せて、と言いたくなるんですよね。

 

f:id:narcisman:20161220124529j:plain

 出典 http://milokwebonline.com/?pid=90160389

 

このシンプルながら一步踏み出るデザイン性、というのが本当に難しいところで。

 

これは僕らのコーディネートにも言えると思うのですが。

 

シンプルな物を作る、シンプルなコーディネートをするって簡単だと思うんです。

 

そこからほんの少しだけ、人がオッと思うような踏み出し方をするのが大変で。

 

世の中で長年愛されているアイテムってそういうところがありますよね。

こういう傑作アイテムをもっともっと紹介していきたいなあ。

 

本当に限られた本数だけ入荷しては、すぐ売れていくといった具合なのですが、今ちょうど再入荷しているようです。

欲しい人は早めにチェックを。

 

「ずっと使えるモノが欲しい」という人にはブラスではなく、シルバー925製をオススメします。

 

 

さてそのシルバー925製ではないのですが、私がこの秋冬ヘビロテしているのがこちらのブレスレット。

f:id:narcisman:20161220054900j:plain

 出典 http://star-j.net/SHOP/FSZK-UC-1000035.html

 

UNDERCOVER(アンダーカバー)のカラビナブレスレットです。

 

これは以前も紹介しましたね。

 

 

www.narcisman.com

 

 

アンダーカバーのカラビナブレスレットは、本当に毎年人気で、真夏に入荷するんですけど、人気カラーは秋を待たずに売り切れてしまうのが恒例となっています。

(今の時期が一番アクセサリーが欲しい時期なのに!) 

 

今年の物は待望の細身バージョン。

以前の物は太くて、アクが強すぎて付けにくかったのですが、細くなったことでさりげなく付けられるんですね。

 

f:id:narcisman:20161220055350j:plain

出典 http://zozo.jp/shop/undercover/goods/12732846/?did=28672100&rid=1004

 

普通のデザインでも、太いバングルってどうにも冬はアウターと干渉しちゃったりして、付けづらかったりするんですが、これは本当に付けやすい太さ。

パッと見普通のブレスレットなんですが、よく見るとカラビナのデザインが効いている、といった感じ。

 

これを付け外しするのがちょっと楽しかったりします。

 

またこのカラビナ、デザイン性だけでなくバングルには珍しくガチッと固定されるので、落ちる心配が無いんです。

 

f:id:narcisman:20161220062813j:plain

 

UNDER COVER ISM’16AW カラビナバングル シルバー 

 

ちゃんと機能性もあるんですよね。 

 

何故か上の着用写真のようにカラビナを外にした着用例が多いんですが、私はカラビナを内側にしています。

着脱にちょっとコツのいるU字型(ここまでバングルとして紹介したアイテムはすべてこの形)のバングルとは違って、気楽に付けられるので、本当に重宝していますね。

 

今年は待望の細いバージョンが発売されたということで、シルバーが特に人気があって早々に売り切れてしまいました(楽天などにあるのは転売品)。

ゴールドなら、まだ正規でも売っていますね。

 

私も色違いでもう一本欲しくなるほど、魅力的なアイテムです。 

 

書いていて思ったのですが、アクセサリー、小物の話って楽しいですね。

特にブランドやデザイナーがこだわった作品、と呼べるようなアイテムは眺めているだけで嬉しくなります。

 

ここまでの冬のアクセサリー特集、特にクリスマスだけを意識したものではありませんが、メンズへのプレゼントの参考にしていただければ、それはとても嬉しいですね。

 

1年間頑張った自分自身へのプレゼントも全然アリだと思いますよ。

 

 

 

 

 スポンサーリンク