「ユニバレ」がダメな本当の理由、モテるメンズファッションに必要な「匿名性」

スポンサーリンク

 

モテるメンズファッションとは何か?シンプルなだけじゃダメ?「ユニクロバレ」が忌避される本当の理由。チェックシャツは何故非モテ?モテるメンズファッションに必要な「匿名性」とは?

 

 

 春、皆さん何か出会いありましたか?

 

今日は長らく書いていなかった「モテる」ファッションネタです!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

皆一応、正解を知っている、でも正解を売ってくれるわけじゃない

 

 「モテるファッション」などと検索すると、以前書いたような「とにかく文字で語る系ファッション通販サイト」がやたら出てくるのですが

 

www.narcisman.com

 

そこでよく行われている「モテるメンズファッション」についての女子の座談会みたいなもの。

 

あれが本当に行われているのかどうかは分かりませんが、大体結論は「シンプルなファッションがイイよね」みたいなこと。

 

それはリアルで女子に聞いてもほぼ、同じです。

だいたい返ってくる答えは、「シンプルなファッション」です。

 

その恐ろしさは以前も書いたのですが…。

 

www.narcisman.com

 

では、そのような女子が思う「正しい答え」を知っているはずの通販サイトが、

本当にモテる服を提案出来ているか?というと、まあまず出来ていません。

 

そこらへんは、上記の「脱ヲタ指南サイトで脱ヲタ出来ない本当の理由」を読んで頂きたいのですが…。

 

そのような通販サイトは、質の低さを文字による説明量でカバーしていることが多いため、よほどのイケメンが着ない限り、カッコよく見える服たり得ないのです。

あるいは「全然シンプルではないだろコレ…」という明後日方向の「シンプル」を提案している場合もありますが…。

 

読者を改造する!などという企画もあるにはありますが、それも大体「前よりはマシだよね…」という感じ。

 

ある程度の質を伴った「シンプル」だからこそモテるファッションになり得る、ということなのでしょう。

 

皆「シンプルがモテる」という正解を知っていても、なかなかその正解を実現出来ないのは、「ちゃんと質を伴ったシンプルを提供する」、というフェーズになると途端に余計な思惑が入ってくるからなのです。

 

だって「デニムに白シャツみたいなシンプルなコーディネートが爽やかで良いと思う!」と言われても、

じゃあデニムと白シャツだったら何でも良いのか?って言われると違う、というのが難しいところなのです。

デニムの質、白シャツの質、ちゃんと問われますから。

 

正解は教えるんだけど、正解であるアイテムを売ってくれるわけじゃない。

 

クソ!なんて罠なんだ!

 

前にも書きましたが、本当にモテそうなシンプルな服を売っているブランドは「この服めっちゃモテます!」なんて言ってくれませんからね。

それを言った途端にお洒落じゃなくなる、という不文律を守っているブランドが多いのです。

(販売店のブログとかでは言ってくれることがありますが)

 

どんなファッションでもモテることは可能である、でも出来れば余計な情報はない方が良い

 

 ファッションはそれ自体個人情報です。

 

その人がどんな考えなのか、おおよその判断をするのにかなり有力な手がかりとなります。

例えばギャル男たるには、基本的にはギャル男ファッションをしなければなりません(ほぼ髪型かもしれませんが)。

 

精神的なギャル男、というのはありえません。

ファッションによる表現をして、はじめて人はギャル男になれるわけです。

 

ギャル男だからモテないとか、ヒップホップ系だからモテないとか、そんなことはないでしょう。

 

ただし、ギャル男ファッションをすればギャル男だと思われてしまうのは致し方ないところです。

 

こういった情報は、なるべく無い方が良いのは間違いありません。

何故なら「ギャル男はNG!」という女子がいたら、最初から不利な戦いを強いられるからです。

 

まあ、それでも戦い抜くガッツのあるギャル男多いですけどね。

「やっぱギャル男がモテる!」みたいな因果関係の勘違いがよくあるんですが

本来そのガッツこそが評価されるべきであって、ファッションの方じゃないだろうと。

もちろんそのガッツを持つためにギャル男になる必要がある、というのであればそれはそれで立派なモテ戦略たりうるでしょう。

  

 

さてギャル男を槍玉に挙げてしまったようで申し訳ないのですが、これが

「シャツのボタンを第三ボタンまで開けて胸毛が見えそうになっている人」だとどうでしょうか?

 

それをやっている人はおそらく、「これで俺はモテる」という戦略の元でやっているでしょうし、

実際それを好きな女子もいるでしょう。

 

しかし、「シャツのボタンを第三ボタンまで開けて胸毛が見えそうになっている人」のイメージを良く思わない女子にとっては「その時点でナシ!」といわば門前払いを食らってしまうわけです。

 

f:id:narcisman:20170424232254j:plain

 

私が個性に裏打ちされていない個性的なファッションをオススメしないのはズバリこれです。

 

しかも個性的なファッションは、何らかのこだわりがあってなされていることが多く、第三者からの助言等による修正も効きにくそうで「なんかめんどくさい」と思われてしまいます。

 

だからファッション好きからは「すげーお洒落!」と言われるような格好が、かえってモテなかったりするんです。

 

ファッション(だけ)でモテることは難しいのに、ファッションでモテなくなることは簡単なんです。

 

こういった門前払い要素を出来るだけ取り除いたファッションが「モテる、シンプルな」ファッションなのでしょうね。

 

シンプルの先にある、そこにネガティブな情報を伴わないという意味での「匿名性」。

 

これがモテるメンズファッションにおいてひとまず心掛けるべきこととなるでしょう。

 

しかし、シンプルな匿名性の高いアイテムだけで構成され、質が伴っていないファッションは今度は「つまらない」「量産型」と言われてしまう…。

 

 

www.narcisman.com

 

 

ファッション(だけ)でモテることはとことん難しいのです。

 

「ユニバレが嫌」なのは本能?

 

 そういった意味ではユニクロは、あまりに知名度がありすぎるのです。

日本でユニクロを知らない人はまずいません。

 

誰もがユニクロに、何らかのイメージを抱いています。

ユニクロの服はシンプルなのに、ユニクロというブランドには本当に様々なイメージが付いてしまっています。

 

好きな人もいれば、バカにしている人もいて、ポジティブなイメージもネガティブなイメージもある。

 

そう、「色々なイメージがある」という、そのこと自体すら広く知れ渡っているんです。

 

ユニクロ自体は好きでよく利用するのに、ユニクロの服であるとバレたくない人は多い(通称「ユニバレ」)のは、そのイメージが情報としてチラつくのが本能的に嫌なのです。

せっかくシンプルな服を着ているのに、どんなイメージを持たれるかわからないのでは不安でしょうがないのでしょう。

「余計な情報を持たれたくない」という防衛本能なんですよ。

 

ユニクロよりちょっと高い程度の価格帯なのに、無印良品バレを嫌がる人があまりいないのは、無印良品がユニクロに比べればまだマイナーで、イメージが無色に近いからなのでしょう。

 

「これユニクロ!」「これユニクロだよ?」と先手を打つこと(?)も、「ユニクロが色々なイメージを持たれているかもしれないけど、それを払拭しておきたい」ということなのかもしれません。

  

まあよほどのユニクロマニア(通称ユニクラー)でない限り、「それユニクロだな」などと思われることは一部の有名なアイテム(ウルトラライトダウンなど)でない限り無いと思うので、あまり気にする必要はないんですけどね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

本当はチェックシャツがダメなんじゃない、チェックシャツを着ているお前がダメなんだ!

 

 「ダサい男子」をテーマにすると必ず槍玉に挙げられる「チェックシャツ男子」。

 

最近では「◯◯◯の制服」とか呼ばれたりしていて、本当に不当なレッテルを張られているチェックシャツ。

 

それでも誰が着てもダメなアイテムではないし、サマになるアイテムや着方だってあるはず。

 

www.narcisman.com

 

 

でももし

 

「チェックシャツなら毎回洗濯しなくても良さそうだし…色々考えるのは面倒だから」

「チェックシャツならシワシワで着ても問題ないし…色々考えるのは面倒だから」

「チェックシャツは何にでも合うって言われたような気がするし…色々考えるのは面倒だから」

 

そんな感じでチェックシャツを手の取っているなら、外見に対する意識の低さを見抜かれているのかもしれませんよ。

 

そういう人がたとえチェックシャツから白シャツにアイテムを変えたとしても、それでモテるなんてことはないでしょう。

 

意識が変わるなら、別ですけど。

 

全てのモテテクは、「自信を持たせる」ための自己啓発、もっと言うと暗示である

 

 実はこの記事というかこのブログ自体戦略を誤っているところがあって、それは「こうすればモテる!」と言い続けていれば本当にモテるブログになるのに、それをしていないということなんです。

 

どういうことかというと、全てのモテテクの本質は「聞いている方に自信を付けさせること」、暗示を掛けることにあるんです。

 

つまり「ファッションでモテるなんて本当は難しいですよ、モテなくなるのは簡単ですけど」なんて毒にも薬にもならないことよりも

「白シャツ着ればモテます!」って言い切ってしまったほうが、実際の所読んでいる人はモテるようになるんです。

 

純粋な人は自信をもって白シャツを着るので笑

それで成功する人も出てくるはずです。

 

例えばナンパの時はこういう会話テンプレートを持っていた方が良いよ、というのはそれをもっていたほうが、いざという時自信を持って会話をすることが出来るというだけのことなんです。

 

だから実は内容はあんまり関係ないんです。

信じることが大事なんですよ。

 

ナンパじゃなくても、就職の面接の時に不意打ち的な質問がなされると

しどろもどろになってしまうよりは、自信満々に暗記してきた答えを言う方が面接官ウケは良いはずです。

 

面接官は本当のあなたの答えを聞きたくてその質問をしたのだから、暗記は良くない!などと言っても、実際しどろもどろになって本当のあなたどころで無くなってしまうよりは暗記のほうがマシだったりするわけです。

その場で考える能力がない人にとっては、答え暗記しておけ!っていうのが、何より有益だったりするんですよね。

これがペーパーテストの答案だと違ったりするんですけど、人と人との会話ってとにかく瞬発力が求められたりするので。

 

だから場数を増やしてストックを増やした人ってどんな場面でも強いんですよね。

「答え」を知っているという自信があるから。

 

その自信や、それを裏付ける「答え」を教えるサイトの方が絶対に成功するんですよ。

恋愛相談が上手い人って、話をした後になんだか自信が湧いてくる、そんな人なんです。

だから私は、恋愛相談をされたら、冷静な分析とかよりも、とにかくその人に自信を付けさせるのが結果としてその人のためになると思っています。

 

 

というわけで…このブログを見続けると本当にモテるファッションが分かるので、読み続けてくださいね!!

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク