無印良品、2016春のラインナップから使えそうなメンズアイテムを厳選ピックアップ!

スポンサーリンク

 

無印良品から、使えそうなアイテムをピックアップ!厳選したオススメアイテムを出来るだけ細かくレビュー。

 

 

どーもナル男です!

お待たせしました!

 

 

今季無印良品で使えそうなメンズアイテムを厳選ピックアップしてお届けします!

 

 

ナル男購入アイテムその1、ダブルジップパーカーのライトベージュ

 

 

f:id:narcisman:20160220000425j:plain

 

 

オーガニックコットン裏毛ダブルジップパーカー 

出典 http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738039235

商品番号 38039235

 

厚すぎず、薄すぎず、春先にちょうどいい肉厚のコットンパーカー。

 

これが春モノの中心アイテムとして陳列されている時、「ダブルジップ」であることは良いと思ったんですが、どうにも生地感が…と手にすら取ろうとしなくて。

 

と思いきや…。

イマイチな他カラーに紛れて下の方にあった「ライトベージュ」

 

明らかに生地感がほかより良いんです。

 

その瞬間、生地感で難があったこのアイテムが、春一番のオススメアイテムと化しました。

試着してみるとシルエットも結構良いんです。

 

アームホールはほどよく細いし、全体的にコンパクトながら着心地の良さもあって。

フードもそれなりに立ち上がるのでボリュームが全く出ない安物パーカーというわけでもありません。

 

 

f:id:narcisman:20160220003930j:plain

惜しくもこの春閉店した「ナイチチ」とかにありそうな、いい意味でチープさもあるパーカー。 

 

是非、ライトベージュを手にとって欲しいです。

そして着てみて欲しいですね。

 

読者の皆さんが多く持っているだろう、黒スキニーや濃インディゴデニムとの相性が抜群です。

 

春先、これをカットソーとデニムの上から羽織るだけでサマになると思います。

あんまりなんでもかんでもパーカーをインナーにしちゃう着こなしはナル男は好きではないしオススメもしません。

 

そんな小細工無しで、シンプルな着こなしでも大丈夫そうなパーカー。

ちょっと遊びに行くけど、ブルゾン着るほどじゃないなあ、なんてときに重宝しそうですね。

 

唯一、「ヒモ」をちょっと変えたくて、カスタマイズとかも考えたんですが、「インパクティスケリー」とかの古着の流れを組むパーカを考えるとこのヒモもありかなと思えてきて。

もし気に入らない人はヒモを交換しても良いかもしれないですね。

 

ライトベージュ以外の他カラーは、「色が濃くなるほど安っぽい」と覚えておいてください。

 

グレー、ライトブルー、オートミールが辛うじて使えるかなと。

 

グレーはありきたりなパーカという感じなので無難で良いですが、あえて今買う必要を感じず。

オートミールは少しだけ、部屋着っぽい。

ライトブルーは、爽やかで可愛いんですが、人を選ぶかも。

(ナル男は爽やかなんで似合いますけどね笑)

 

2枚め買うとしたらライトブルーですね。

 

サイズ展開もパーカーとしてはかなり豊富。

なんとXS、S、M、L、XL、XXLの展開。

いやほんとなんでこんなサイズ展開あるんだ?ってくらいですよね。

メンズでここまで小さいサイズ展開して大丈夫なのかな?と思いますけど

もしかしたらメンズライクな格好がしたいレディースの需要も見込んでいるのかもしれません。

 

ナル男は普通にMを選びましたが、ビッグサイズにしてもいいかも。

 

というかこのパーカー、女子が着るとかなり可愛いと思いますね。

泊まりに来た時貸してみてください笑

 

良いですか?ライトベージュですよ!

(ナル男の行った店舗では既にライトベージュほとんど無かったので、売れてるか入荷少ないかなのでご注意を)

 

ナル男購入アイテムその2、色落ちインディゴスキニーデニム

 

 

f:id:narcisman:20160220003842j:plain

 

 

f:id:narcisman:20160220024652j:plain

 

オーガニックコットンストレッチデニムスキニーパンツ

出典 http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738011965?searchno=3

商品番号38011965

 

前期のスキニーデニムとほぼおなじ仕様の継続商品

ほんの少しだけ、フロントポケット下部の通称「ヒゲ」のやり過ぎ感が無くなって、前期でナル男がおすすめしていた「アメリカンコットン混デニムスリムパンツ」に近い雰囲気となっています。

 

濃い色のデニムに対する反動から、明らかに色落ちデニムに脚光があたっている今季、再度注目すべきアイテムかなと思います。

 

この春の色落ちデニムのトレンドは、まっさらにかなり全体的に進んだ色落ちがなされた「アイスブルー」。

 

 

f:id:narcisman:20160206085750j:plain

LOUNGE LIZARD 6805

出典 http://www.birdseye.ne.jp/fs/birdseye/br-loungelizard-reserve/1011402

 

 

一方でナル男の好みの色落ちは「地」のインディゴが残りつつ、かつ全体的に明るい色落ち感のモノ。

 

f:id:narcisman:20160206082533j:plain

出典 wear  http://wear.jp/leyline0629/coordinate/5562051/

 

 

そういう意味で今季の無印のスキニーパンツの色落ちは良い線行っています。

「地」のインディゴの残り具合もいいです。

これが同じ無印の色落ちデニムとも一線を画しているので見比べてみてください。

 

 

 

f:id:narcisman:20160220002715j:plain

最新版はポケットにタグが付いているので目印に。表記は「スキニーパンツ」である。

 

本当によく出来ています。

そりゃ、ドメブラの色落ちデニムにはどこを取っても敵いませんが、それらは2万~2万5000円はしますし。

特に色落ちデニムがまだよくわからない、という人には生デニムやワンウォッシュデニム以上に手が出しにくいアイテムと化してしまっているかなと思うので、これはオススメです。

 

理想を言えばポリウレタンが含まれず、綿100%ならよりシルエットが綺麗に出てよかったかなと思うんですが、それだと入る人が少ないので、そこは仕方がないかなと。

逆にストレッチが入っているのを活かし、アクティブなシーンに割りきって使おうと思っています。

 

 

 

f:id:narcisman:20160220002612j:plain

裏側はこんな感じ

 

未加工の同型デニムと同じ値段というのは返す返す凄いですね。

 

この値段だと、8~8.5分丈アンクルカットへの大胆なお直しも出来ますし(ナル男はそうしようと思っています)、今季流行の「フレイドヘム(ほつれ防止にスソを縫わずに、切りっぱなしにして、ほつれた糸を垂らして楽しむ)」も気軽に出来るのではないでしょうか?

 

ナル男はフレイドヘムには抵抗があるのでしないですけどね笑

あんなん高いデニムには絶対に出来ないことですし。

 

紹介したのはネットストアでは「スキニーパンツ」表記の物です。

その他色落ちインディゴデニムには「スリムパンツ」「テーパードパンツ」がありますが、別物ですのでご注意ください。

(紛らわしいんだよ…)

 

ちなみに、上記のパーカとこのデニムを合わせれば春のスタイルが完成するか?と言うとそうではないです。

全体的に色がぼやけるので、ライトベージュパーカは、濃い色味のパンツと。

色落ちインディゴデニムには濃いトップスを合わせるのが定石かと思います。

 

無理矢理無印だけでコーディネートを完成させる必要もないですし。

 

 ナル男購入アイテムその3 ボーダーカットソー

 

 

f:id:narcisman:20160220032940j:plain

 

 出典 http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738038375?searchno=24

商品番号38038375

 

 この値段のカットソーとしてはかなり頑張っているアイテム。

無印良品のボーダーカットソーといえば、ボートネックタイプのフレンチシャツタイプのモノが有名ですが、やや肉厚であれはスウェットに準ずるようなタイプ。

こちらは薄く、アンダーウェアライクなカットソー。

 

無印良品のアンダーウェアライクなカットソーはたとえオーガニックコットンの値段のするモノであってもお洒落着としてはとても使えないモノばかりであることを考えると(どこもそうだが)、これはそこそこ使えると思う。

 

ただボーダーのアイテム結構持っている、という人はいると思うのでその点でややオススメ度は下がるかもしれない。

(春はカットソーが何枚あっても決して困ることはないので、1枚買ってみても良いかもしれないですが)

 

綿100%というカットソーの最低条件もクリアーしている。

(直接肌に触れるカットソーの化学繊維混紡は絶対的にオススメしません、変な汗かきます)

 

カットソーは複数回着ないと良し悪しがわからない、というのが持論なので、もう少し様子を見たいかも。

 

スポンサーリンク

 

 

 

その他オススメアイテム

 

機能性アウターならこれを見てからでも遅くないのでは…?

 

 

 

f:id:narcisman:20160220034323j:plain

 

出典 http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738013198?searchno=3

  透湿撥水クロスフード付きコート

 商品番号38013198

 

正直言うと、今季の無印良品でオススメのアウターはほとんど無いんです。

ステンカラーコートやMA-1風ブルゾンもあるにはあるけど…。

わざわざここで買うほどのモノではないと思います。

あまりディスる方向で文章量を使いたくないのですが…まあそんな感じで。

 

そんななかで「買いですよ!」とは言えないものの(実際ナル男も買ってないし)、「これは面白いので、手にとって試着してみてください」というニュアンスで紹介したいのがこちらのブルゾン。

商品名はコートとなっていますが、質感やテイスト的には着丈の長いブルゾンです。

 

 

f:id:narcisman:20160220035344j:plain

出典 http://www.muji.net/store/campaign/detail/C1602050102

袖口のテープをキュッと閉めて試着してみて欲しい、おそらくバックパックとの相性は最高である。

 

まずこの手の機能性アウトドアアイテムにしては質感が小洒落ているというか、ナイロン100%ではなく、コットン60%・ナイロン40%で、ややアウトドアテイストが抑えれているのです。

 

テカテカしているわけでもないし、質感が上品で、それでいてある程度の透湿撥水性があるなら春のアウターとしては良いんじゃないかと。

襟元も非常にスタイリッシュですし、バックパックなんかとかなり相性が良いんじゃないかと思います。

袖口のテープををきゅっと絞って試着してみてください。

 

別に無印を持ち上げてユニクロを下げるなんてことをしたいわけではないんですが、今季同じように機能性をウリにしているユニクロブロックテックパーカがどうしても良いとは思えなかったので、あれを買うならこれを見てほしいなと。

 

今季もし「1万円以下で何か良いアウター無いですか?」と言われればこれを挙げます。

まあ1万円以下のアウターなんてほとんど見てないですけど…汗

 

ネットショップだと既にカラーによってはサイズ欠けしてしまっていますが、ナル男の行った実店舗にはまだ全色結構ありましたね。

 

無印は最新版と旧版が混在しているので要注意

 

今回、アイテムのところに商品番号も併記したのはそうじゃないと本当にわからないから笑 

無印は同じ商品名でも旧版と最新版が平気な顔で混在してるんですよ。

 

 ネットショップも実店舗もね。

 

それに本当に難儀しました。

クロスフードコートとかは、わかりやすいんですが、スキニーパンツとかダブルジップパーカーとかね、旧版が混在していて本当にわけがわからない。

 

さらに分かりづらいのが、ネットストア記載の商品番号で、実店舗で商品を探す方法。

どこを見るか?商品タグのどこを見ても「商品番号」なんて書いてないんですよ。

 

アルファベットと数字の羅列みたいのがあるんですけど、それは何の意味もなくて。

 

実は「バーコード」を見るんです。

それが「4549738039235」となっていたら、「45497」までが無印良品で共通、「38039235」が商品番号と一致しているんです。

 

わかりにくい、なんてわかりにくいんだ…。

これは変えたほうが良いと思いますけどね。

注意して探してください。

 

シンプルで無難なアイテムが多いからこそ、慎重になる必要がある

 

その他、チノパン、デニムジャケット、シャツ類…言及したいものは多いものの、「じゃあお前買うのか?」と言われるとためらってしまうモノも結構あります。

 

無印良品は、究極の「スローファッション」だと思うんですよね。

 

「ユニクロはファストファッションではない」という言説は割りと目にすると思うんですが、それでもなお流行やトレンドを結構追いかけているように見えます。

 

無印良品はそれをどこ吹く風というか、とことんオーソドックで、同じモノを変えずにあるいは少しブラッシュアップして出し続けているわけじゃないですか。

 

そういうシンプルかつ無難なアイテムが多いので、手が出しやすいんですが…

だからこそよく考える必要があるというか。

 

全部必要なモノに見えて、自分に本当に必要な物は何なのかよく考えないと結局無駄な買い物をしてしまうなと。

 

無印良品のアイテムって、人によってはそれでも高いかもしれないんですが、普段ドメブラとか買っているナル男にとっては安いので、簡単に手が伸びそうになるんですが。

本当に欲しいか?必要か?って考えだすと、ドメブラの何倍も時間が掛かるんですよね。

 

前も書いたんですが、安い服と高い服の決定的な違いは「難易度」です。

高い服にはハズレが少ないし(無いとは言いません、というか絶対的に見ると多いです)、安い服にはアタリが少ない(相対的には、です)、そういう意味の難易度もありますし。

買った後、それを着こなすという意味での難易度もあります。

そこはもうバランスを取り続けるしか無いと思います。

 

そして何の情報もない中、一から無印良品の売り場に立って、自分の中のアタリと出会うのは結構難しいと思うんですよね。

ユニクロと比べれば売り場面積もアイテム数も雲泥の差があるので、より簡単だとは思いますけど(ナル男にとってユニクロは砂漠に見えます笑)

 

実際去年の秋から、何かのついでとはいえ、結構な回数足を運んでああでもないこうでもないと考えていたので、そういう方のお役に立てれば嬉しいですね。

 

また個別のアイテムについては、他の記事で他ブランドとの比較などで出すかもしれません。

 

無印良品は、本当に足繁く通っているお店なので

また春物のつづき、夏物編もあるかもしれないのでお楽しみ♪

 

 スポンサーリンク