PADRONE(パドローネ)に高級ライン「HIGH STANDARD LINE 」登場!短靴の出来栄えは?

スポンサーリンク

 

カジュアルレザーシューズで有名な靴ブランド「PADRONE(パドローネ)」に高級版「HI STANDARD LINE」が登場!シックになったダービーシューズ。MIDWEST別注品との違いは?

 

 

 スニーカーの紹介が多くなってしまっている当ブログですが、私自身は革靴とスニーカーを半々くらいで履きます。

 

洋服と同じく日本が誇る革靴ブランドについても紹介していきたいと思っております。

 

スニーカーとは異なる魅力をお伝え出来たらと思っています。

 

本日は意外とカテゴリーとして難しい「カジュアルなレザーシューズ」で、また安すぎず高すぎない価格帯で成功した「PADRONE(パドローネ)」に高級ライン「HIGH STANDARD LINE 」が登場したので、これをレポートしたいと思います。

 

 

中間価格帯が少なかったカジュアルレザーシューズブランド

 

 世の中には数多革靴ブランドが存在しますが「カジュアルな場面で使えるレザーシューズ」を探そうと思うと意外と難しいものです。

 

また5万円以上の高価格帯でもなく、2万円以下の(革靴としては)低価格帯でもなく、その中間くらいの価格帯で…となると一気に選択肢が狭まってしまうのがカジュアルレザーシューズというカテゴリーでした。

 

そんな中で一気にパイを広げてきたブランドがパドローネです。

 

この価格帯では他にもいくつかカジュアルシューズブランドがあったのですが、なかなかラインが安定せず、アイテムが出たり出なかったり。

 

パドローネは常にアイテムを市場に供給し続けて、確固たる地位を築いたと言えます。

 

 

パドローネのウリ、通常ラインに満足出来ない層を補う存在だった別注アイテム、さらに高級ラインの誕生

 

 パドローネが市場でウケたのは、1つはきちんとした靴ブランドだったこと。

自社工場で職人が1足1足丁寧に作り込む靴は、価格に見合う、あるいはそれ以上のクオリティーを感じさせるものでした。

 

もう1つは「カジュアル」さだったと思います。

 

カジュアルな場面で革靴を履く場合、おそらく一般的に一番避けなければならないとされているのは「ビジネスシューズを流用している」ように見えてしまうことです。

 

社会人であれば、この人は休日もビジネスシューズを履いているんだなとか、学生であれば、入学式でスーツに合わせて買った靴をそのまま履いているんだなとか

そういう風に見られるのを避けたいのでは無いでしょうか?

 

パドローネは丸みを帯びたフォルムと、独特のシワや反り返し、「焦がし」加工によって、明らかにビジネスシューズとの外観的違いを生み出し、そうした需要に応えたのです。

(もっともこれは、同じ価格帯やもっと安い価格帯の靴もやっていたことで、それでも差がついたのはやはりクオリティーの部分が大きかったのかなと思います。)

 

 

f:id:narcisman:20170308083408j:plain

 PADRONE パドローネ"チャッカブーツ/BAGGIO

 

しかし、パドローネよりも上の価格帯のブランドを見ていくと、このようなカジュアルに見せるための加工が逆に不要に思えてくるものなのです。

 

パドローネよりももっと価格帯の上の靴ブランドはどんな感じなのか?というのも一口には言えないほど様々なのですが、 加工でカジュアルな感じを出すよりも、

たとえ形はカジュアルに作ったとしてもできるだけ革の風合いにはあまり手を加えず、経年変化を楽しめるように作っているところが多いように感じます。

 

f:id:narcisman:20170308085403j:plain

出典 https://onetenth.jp/noriei/derby

 

またこうすることでよりシンプル・ミニマルな洗練されたシューズに仕上げていると言えるでしょう。

 

そして「加工はあまり無い方が良いな」という需要からか、前々からパドローネの作りを活かしつつ、通常ラインの加工感も抑えた別注モデルというのが作られていました。

 

f:id:narcisman:20170308090725j:plain

【antom side×PADRONE / アントムサイド×パドローネ】

 

(かなり昔ですが、実は私もこうした別注モデルを購入しました。)

 

そして今回、パドローネに高級ライン「HIGH STANDARD LINE」が登場したのです。

 

f:id:narcisman:20170308091207j:plain

PADRONE パドローネ HIGH STANDARD LINE  「NICOLO」 PU8586-2005

 

ハイスタンダードラインの短靴「ニコロ」は、オーソドックスなプレーントゥダービーシューズ。

 

f:id:narcisman:20170308091414j:plain

PADRONE パドローネ HIGH STANDARD LINE  「NICOLO」 PU8586-2005

 

特に黒は、パドローネの別注モデルの中でも際立ってミニマルかつモードな雰囲気を持っていたセレクトショップ「MIDWEST」の別注品を踏襲しているのが分かります。

 

別注PADRONE×MIDWEST ベビーカーフローカットシューズ

f:id:narcisman:20170308091951j:plain

出典  zozo.jp/shop/midwest/goods/2596341/?did=10192544

 

MIDWEST別注モデルは、素材にベビーカーフ(生後3ヶ月までの仔牛の革)を使用し、黒のレザーソールをホワイトワックスで仕上げることによって独特のグレーがかったモードな表情に。

加工も極力施されていません。

 

明らかにパドローネの通常ラインよりも高級に見える作りだったのですが、今回このモデルのコンセプトを踏襲することによって、高級ライン「HIGH STANDARD LINE」となったわけです。

 

高級ライン、ダービーシューズのレビュー

 

 上記高級ラインのプレーントゥダービーシューズ「NICOLO」は、MIDWEST別注モデルを踏襲していると説明しましたが、完全に同じ物ではありません。

 

両者は同じベビーカーフが使われているのは共通しているのですが、靴の型自体がかなり違います。

 

高級ラインの型は、昨年あたりからパドローネのダービーシューズの新型として使われている物に近く、従来のパドローネのダービーシューズよりも丸みを帯びた型になっています。

 

f:id:narcisman:20170308150541j:plain

 

PADRONE パドローネ DERBY PLAIN TOE SHOES HI STANDARD

 

また履き口がかなり広くなっています。

これによりシャープ感が無くなり、よりボテッとしたシルエットに感じますね。

 

 

f:id:narcisman:20170308150958j:plain

 

また、黒は分かりづらいのですが、MIDWEST別注品とは異なり、つま先と踵(かかと)部分に加工が施されています。

 

高級ラインとはいえ、パドローネのカジュアルさも取り入れたモデルとなっているんですね。

 

これまでのパドローネの流れは汲みつつ、別注モデルで培った「より高級な靴ブランドの佇まい」を取り入れたモデルとなっているので、パドローネを買いたいと思っていた人にとっては必ずチェックして欲しいモデルとなっています。

高級ラインと言っても実は従来品とそこまで大きく値段は異なりません。

 

ただし注意点として、履き口が大きくなっているので、脱ぎ履きがしやすくなっているのですが、その分ホールド力に劣ります。

元々短靴はブーツなどに比べてホールド力が弱いものなのですが、かなり気をつけて選ばないとローファーのように脱げやすくなってしまいます。

 

これを防ぐためにも、きっちり足幅にフィットした物、スニーカーと比べてキツめの物を選ぶのが革靴の鉄則です。

最初は痛い、失敗したと思っても、革がグーッと伸びて自分の足にフィットしてくれます。

 

あまりに安い革靴は全く革が伸びずに痛いままなのですが、これくらいの物になると確実に後から革が伸びて、自分の足にフィットしてくれます(ベビーカーフを使用しているので、私なんかは革が柔らかすぎると感じるくらいです)。

このモデルは幅広でも余裕を持って履けますよ。

 

この高級ラインの新型ダービープレーントゥ、黒の方は発売直後にも関わらずかなり売れているみたいですね…。

 

 

ハイスタンダードラインのMIDWEST別注品とは?

 

 実はこのハイスタンダードラインのモデルにもセレクトショップMIDWEST別注モデルがあります。

 

f:id:narcisman:20170308152244j:plain

出典 zozo.jp/shop/midwest/goods/18032481/?did=36128437&rid=1011

 

これはハイスタンダードラインでも施されているつま先と踵への加工が無いタイプ。

よりミニマルに革本来の経年変化が楽しめそうなタイプです。

加工が無いものが欲しい、という場合はこちらが良いでしょう。

 

 

f:id:narcisman:20170308091951j:plain

出典  zozo.jp/shop/midwest/goods/2596341/?did=10192544

 

従来品のMIDWEST別注モデルも継続されるようなので、この2つに関してはフォルムの違いで選んで良いと思います。

 

個人的には加工が無いものの方が好きなので、この別注モデルは継続して欲しいですね。

 

なかなか時間的な制約があって出来なかったのですが、革靴の紹介もどんどんしていきたいと思っております。

 

 

スポンサーリンク