ヤフオクで服を落札するときに注意すること!「業者」にこそ要注意

スポンサーリンク

 

ヤフオクを利用する時に一番注意しなければいけないのはユーザーの「評価」だが…ちゃんとチェックしてる?

 

f:id:narcisman:20151111054343p:plain

 

ヤフオクは評価が全て

 

  いきなり本題なんですけど、ヤフオクで服を買うときに注意して欲しいこと。

当たり前ですけど出品者の「評価」ですね。ヤフオクはもう「評価が全て」です。

 

 この確認を怠ると…。

 

 「そんなのよーく分かってるよ!」と思われるかもしれませんが、慣れてきたとき急いでいる時こそ怠りがちなんですよね、この評価チェック。車の運転に近いモノがあります。

 

ヤフオクは「非常に良い」がデフォルト

 

 ヤフオクは、「非常に良い」「良い」「どちらでもない」「悪い」「非常に悪い」から選べるものの、「非常に良い」がデフォルト評価になっており、よほど悪い点が無ければ、「どちらでもない」ですらも付けるのはためらわれるというのが暗黙のルールになっています。 

 

 そして大事な点は、「評価をしない」という選択肢があることです。

 

 なかなか連絡しない、商品に不満がある(説明と違った)などの場合、「非常に良い」などと付けるのはシャクなので(「悪い」などと付けると自分が報復評価を受ける恐れがある)、評価を付けない、という選択を取るわけです。

 単に付けるのがめんどくさい、付け忘れ、というのもあるんですけどね。

最近は定型文が自動で入力されるようになったのでだいぶこの評価率は改善されましたが。

 

 と評価に全てが現れているわけではないものの、やはり「地雷」出品者というのはどこかで評価に表れているものです。

非常に悪い、の中身チェックですね。

 必ず、非常に悪い、の中身をチェックして下さい。出品者側にも、反論があったりするので、その反論が正当かどうか?など判断できます。

 

 非常に良いが9割でも、残り1割にとてつもないことが書かれていることもあるわけです。 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

 

意外と業者が、ヤバい!

 

 ナル男が思うにそこらへんの素人よりもいわゆる「業者」の方が遙かにヤバいことが多いです。

 ヤフオクに限っては「業者だから安心!」などということは一切無いと思って下さい。

 

 彼らは数千とか数万とか評価がありますが、デフォルト(自動入力)の美辞麗句が並んだ「非常に良い」などではなく、必ず「非常に悪い」の方の評価を見て下さい。

 

 そこに、その業者の問題点が浮き彫りになっています。

 

 例えばこの業者、評価数1万件を超えるようなところですが、毎月のように「在庫がありませんでした~」ということをやらかしているようです。

 

 どうやらヤフオク外に外部サイトを運営しており、そこで売ってしまった後もヤフオクに反映せずに2重売りが発生しているようですね。

 かなりルーズな業者だということがありありと分かります。

 

f:id:narcisman:20151111042721p:plain

 

 ただこの程度なら、まだかわいいものなのがヤフオク業者の闇。

不良品を売りつける業者に注意です!

 

とてつもない業者がいるのがヤフオクの怖いところ

 

 ナル男が個人的にこれはヤバい!とマークしている業者があります。

その業者は、既に評価が 2000以上有り、「良い評価の割合」は99%と一見して優良業者のように見えますが…。非常に悪い・悪いの「詳細」をクリックしてみましょう。以前に比べるとかなり簡単に悪い評価だけを抽出できるようになっています。

 

f:id:narcisman:20151111043259p:plain

 赤丸の(詳細)をクリックしてみると…

 

 

f:id:narcisman:20151111043315p:plain

 

 これは、悪い評価のほんの一部です。99%の良い評価に目を奪われがちになりますが悪い評価を見るととんでもない「地雷」業者だと分かります。

 

 知らずに落札するととんでもない商品が送られてきそうですね。

 

 どうやら何らかの致命的な問題(「汚れ、破れ、虫食い」等)がある商品をそれを説明欄で記載することなしに売り付け、それを指摘、返品等を求めると「クレーマー」と罵り、一切返品等に応じない、というもののようです。

 

 

 気になったのが「悪い評価をしたら、悪い評価をされた」というものです。

調べてみると…

 

f:id:narcisman:20151111052935p:plain

 

 本当にしれっと報復評価をしています。

これでは不良品が送られてきても、アカウント・評価が汚れることを恐れて、悪い評価をすることが出来ません。

 

 つまりこんなことが行われているのは、1%では収まらずもっともっと多くの被害者が生まれていると推測出来るのです。さきほど述べたようにヤフオクでは「評価をしない」という選択肢もあるわけですからね。

 

 ここらへんも含めてとんでもない「地雷」ですね…。

 

 この業者の出品を見てみると「ブランド古着○○○○」と記載してあり、住所もあってそこでブランド古着店を営んでいるかのように見えます。

 

 ところが、これをネット検索すると…。

2ちゃんねるにこの出品者を糾弾するスレッドまで立っていたようなのです。

そして「そんな店は存在しない」と出てくるのです…。

 

 怖いのは、出品欄では

当店について
当方の出品しております商品は全て古物商鑑定済の本物、正規品です。コピー品などは一切扱いませんのでご安心下さいませ。

 

などと書いてあるのです。とても安心出来る文面なのです。

ところがこんなことも書いてあります。

 

返品について
原則としてノークレーム・ノーリターン、返品は一切お受けいたしません。
中古品に関しましては人の主観によって状態が違うものですし、神経質な方は入札をお控え下さい。実寸の数値による誤差についても返品対象にはなりません。誤って全く違う商品が届いてしまったなど、当方の不備の場合は商品の到着から3日以内にご連絡いただければ、返品をお受けいたします。

 

 一般論ですが、「原則ノークレーム・ノンリターン」というのは、ヤフオクの定型文のようなものです。これを盾に一切返品返金に応じていないようですが、はっきり言ってそれはなんの言い訳にもなりません。

 

 民法上、落札者が商品状態について「錯誤」に陥ってる場合、その取引は「無効」ですし(民法95条)、出品者の「詐欺」による取引は「取り消し」が出来るのですが、それらを「ノークレームノンリターン」などという言葉で回避することは出来ません。

 

 特定物売買には「瑕疵担保責任」(民法570条、566条)というものも適用される可能性もありますし。

 

 法律なめてるのかな?と思いますよね。

被害者が泣き寝入りしているだけ、というのが現状ですね。

 

 あまりに高額な場合、法に訴えるというのも一考ですね。(この出品者の場合、2万円~6万円程度の、訴訟をするにはちょっと微妙な価格のものが多い、そこまで意図的なのだろうか…。) 

 

 ヤフーには「ヤフーオークション補償」という、オークショントラブルに対応してくれる制度があるのですが、これは「商品が送られてこない」「配送途中事故等で故障した」などの場合によるものに限られており

 

(1)送付した商品の破損・瑕疵(かし)・欠陥などによる損害や、商品の数量・外観・性能・品質・精度などに関する利用者と取引の相手方の見解の相違に基づく紛争の場合

 

 このように「不良品が送られてきた」とか「商品説明と実際の商品の状態が異なる」

などは「適用除外」とされており救済されません。

 

地雷業者とは関わるな!

 

 まとめると、やはり事前策で、そういう「地雷」業者とはかかわらない、つまり落札しないのが一番です。

 

 もちろん優良な業者もたくさんあるとは思いますが、それも評価をチェックすることで簡単に分かることです。古物営業許可など、なんの担保にもなりません。

 

 この一手間を怠ると、ポイントが付いて嬉しいなどということが吹っ飛ぶ、とても悲しい思いをします。

 

 たとえ数%であっても、必ず地雷業者、出品者は評価のどこかにそれを表しています。

 くれぐれも評価のチェックを怠らず、ヤフオクを有効活用しましょう!

 

スポンサーリンク 

 

 

 

 

 関連記事

narcisman.hatenablog.com

 

 

narcisman.hatenablog.com

 

 

narcisman.hatenablog.com

narcisman.hatenablog.com

 

 

narcisman.hatenablog.com