ユニクロ×ルメールのラストコラボ、2016SS発売日!メンズ春夏アイテムを詳細レポート

スポンサーリンク

 

ジル・サンダーに続きユニクロが送り出すデザイナーコラボシリーズ「ユニクロ×ルメール」、そのラストコレクションを発売日にレポート!できるだけ詳細に!かなりオススメのアイテムも発見!でも全体的にちょっと辛口かも…

 

 

f:id:narcisman:20160304225714j:plain

 

 

 どーもナル男です!

 

今日3月4日はユニクロ×ルメールの春夏モノ、そしてラストコレクションとなる2016SSの発売日ということで、実店舗(大型店舗、いわゆるフルラインコレクション取扱店)の方に行ってまいりました。

 

目的のアイテム以外も結構ゆったり見れたので、全アイテムというわけではないのですが、なるべく詳細に、これから通販などで買ってみようという方に、あるいは店舗に行かれるという方の指針になるように、レポートしたいと思います。

 

最初に言っておくと、ちょっと辛口レポートになってしまいます。

別に「普段ドメブラ買ってる俺様がユニルメを見てやるわw」などと最初から難癖を付けたくて行ったわけではないんです。

 

むしろナル男も良いアイテムいっぱいあるといいなあと、半分心弾ませながら行ってみたのですが(全て使い切るつもりはさらさらなったのですが一応財布には7万下ろして行きました笑)…

 

というわけでなんとなく雰囲気がわかると思うのですが、ユニクロ・ルメールのラストコレクションを何ヶ月も前から心待ちにしていた!という方の気分を害してもあれですので、予めそれは言っておきます。

 

ウキウキした気持ちで見に行きたいなら見ちゃダメ!

 

コレクションは映画みたいなものだと思うので、まずはまっさらな気持ちで見に行くのも良いと思います。

 

深夜2時、オンラインショップで発売開始

 

何かドキュメント風ですけど、ナル男は最初実店舗に行くつもりさらさら無かったんですよ。

何か凄い並ぶor激混みのイメージあって。

 

そこまでしては欲しくないっていう…。

で、オンラインで発売開始されるのを気長に待ってたんですけど、多分深夜2時くらいに発売開始したと思います。

 

特に回線が重い、なんてこともなく、すぐにサイズ欠けし始める、なんてこともなく。

ここらへんも、秋冬に比べると熱狂が冷めているのかなと思いましたね。

 

まあ秋冬前は、全てのアイテムが高級アイテム並のハイクオリティーでそれをユニクロ価格で買える!なんて喧伝されてましたから。

そうではない、と皆もう分かってますからね。

 

+Jを見てれば、そんなことはないと分かるわけですが、久々のユニクロのハイブランドデザイナーコラボだったんで、そこらへん期待が加熱し過ぎていたのかなと。

 

そんな訳で今回は「前回よりはかなり静かな立ち上がりになるな」と思いました。

 

で、いざ買おうと思うと、とりあえず欲しいと思えるアイテムのサイズ感がイマイチわからないんですよ。

ニットとか、これ着丈短くない?サイズ上げたほうが良い?とか。

シャツも着丈の割に身幅はデカイし、これS?M?など。

 

まあユニクロは返品がOKなので、とりあえず買えるだけ買って、ダメなら返品というスタンスも取れるわけですが、それにしても分からなすぎて

全部買うと7万とか8万になるんで、流石にこれはもう実店舗行ったほうが早いだろうと。

何かオンラインの売れ行き見ても落ち着いてるし、と。

 

そんなわけで、オンラインを諦めて、朝実店舗に向かいました。

マジね、それなら最初から寝てれば良かったよ…。

 

また店舗はあえて、「人があんまりいなそう」かつ「朝早くから開いている」店を選びました。

今日休みじゃないのに…。

 

ナル男のスタンス

 

ナル男としては、今季各ブランドは「無地カットソーが弱い」と思っていました。

だから無地カットソーあまりおすすめしていないですよね?

 

そこでまず無地カットソーを見たかった。

あとはシャツ、ポロシャツ類。

汗をかいて、各アイテム少しずつ消耗してしまう春夏はこれらがいくらあっても困ることはないので、それらをまかなえたら良いなあとも思いました。

 

あとはニット類ですかね。ネットで見る限りこれらは良いなあと思っていたのでモノが良ければほしいという感じで。

 

逆にアウター、パンツ(ボトムス)は、ちょっとユニルメではいいや、というスタンスでした。

 

したがってトップス中心のレポートになることをお許し下さい。

 

個別アイテムの前に全体の総括

 

個別アイテム詳細の前に全体の総括を…

 

はっきり言ってしまうと、やっぱり春夏モノは厳しいですね。

インナーにして誤魔化すとか、マフラー巻いて誤魔化すとか「誤魔化す」ことが出来ないですから。

 

露出する面積も大きいし、素材もシルエットも誤魔化せないし。

 

さらに加えると、ルメールの今季目指したテーマがユニクロと相性が悪い。

今回のテーマは「フランスの夏の休日」。

 

アナウンスで「陽の光を浴びて、少し使い古したような質感を目指しました」ということだったのですが、その質感は出ているんですが、それを値段的な上限から素材に限界のあるユニクロでやってしまうと全体的に「安っぽい」質感になってしまうんです。

 

そしてナル男の行った店舗(どこかは言いませんが…、ゆっくり見たかったので旗艦店には行っていません)は、ルメールのフルラインコレクション取扱店にも関わらず、準備が全く出来ていなかったんです。

 

確かに目立つ位置ではあったんですが、陳列がぎゅうぎゅうだったこと、さらにルメールは人気のため客が取っては戻し取っては戻しするため、かなりごちゃごちゃに…。

 

でも、そうした陳列をされていて、逆に良かったなと思います。

 

「UNIQLO and   LEMAIRE」

 

という「背景」をあまり感じない陳列をされると、一点一点のアイテムが冷静に頭に入ってきます。

(そういう意味で店舗側としては完全に失敗したなと思います。)

 

とりあえずこれもあれも!と、とにかくかごに詰めていく。

 

多くの人にとって、そんなコレクションでは決してないと思います。

 

冷静に、自分にとって「要るか?要らないか?」を見極めていく、そんなコレクションではないでしょうか?

 

「なんか難しそうだけど、後で着こなしを考えよう!」というのであれば、やめておいたほうが良いでしょう。

そこまでして着るべきアイテムでは決してないと思います。

一点一点は確かに安いですが、だからといって数千円が全く痛くないというのも嘘でしょう。

 

他のもの買えますし。 

 

何も私たちはユニクロルメールでコーディネートしなければならない宿命を背負っているわけでも、ユニクロと提携しているわけでもないのですから…。

 

どれだけ安いアイテムでも、着ない、着れないのであればそれは「高い買い物」であるとナル男は思います。 

 

ちょっと厳し目の論調でのスタートになりましたが、オススメアイテムもあるので安心してください!

 

スーピマコットンクルーネックT(半袖)

 

 

f:id:narcisman:20160305002609j:plain

出典 www.uniqlo.com/jp/store/goods/172855-01 (全店舗取り扱い商品)

見えないが、首元に三角の切り返しがされ 、そこにUNIQLO and   LEMAIREと印字されている

 

 

無地カットソーにはこだわる男、ナル男。

今回一番見たかったと言っても過言でないアイテム。

この無地カットソーが良ければ、冗談抜きに最低5枚くらい買おうと思っていました。

 

既に出ているユニクロスーピマコットンTシャツは、正直に言うと「スーピマコットン」という名前だけでほとんど持っているようなアイテム。

確かに着心地は普通のコットンTに比べると多少良いのですが、それも特筆すべきものではなく、首元やシルエットも微妙。

 

そんな中で「ユニクロが送る無地カットソーの決定版!」になれるか注目していました。

 

結論は…

 

まず、触ってみてください(綺麗な手でね)。

触り心地は本当に良いです。素材は本当にスーピマコットンなんだなとは分かります。

 

ただし、その触り心地が見た目に昇華されてはいません…。

一目見て「これは高い(安くない)カットソーだな」と分かる質感は、残念ながらしていませんね。

 

そこらへんは通常ラインのスーピマと同じ。

 

あとこれナル男の個人的感想なんですけど、シルエットと質感と、ポケットの感じとで

「体操着っぽい」んですよね…。

 

あとはクルーネックとはいえ、首がちょっとキツイかな?もう少し緩くても良いかも。

何回か洗濯を繰り返してちょっとくたびれてくるとちょうどいい感じになると思います。

 

試着出来るらしいのですが、カットソーの試着は流石に悪いと思ったので購入後試着。

横に大きい印象があったので、ユニクロ通常ラインのスーピマではLサイズを着ているナル男もMを購入、ほどよく緩く着れて、調度良かったです。

170cm前後の方は、Mで良いと思います。

 

 うーん、これは白に関しては1着で良いですね。

洗濯して良くなる感じはちょっとするんですが、まあ良くも悪くも「値段通り」の無地カットソーですね。

何枚買いもする必要は、ないかなと。

 

一方、 カーキの色合いは良かったですよ。

 

f:id:narcisman:20160305005300j:plain

 

ルメールといえばカーキだと思うんですが、今回のコレクションで一番良いカーキなんじゃないかな?

今回全体的に「色褪せている」んでね…。

 

ナル男はちょっとこのカーキ無地Tでコーディネートを頭のなかで構築出来なかったので買わないですけど。

 

サマーニットのインナー用にネイビーを追加で買おうと思っています。

 

 着心地が良いので、見えない前提でのインナーとしてもいいとは思うんですが、そうすると首が詰まっているのが文字とおりネックになると思います。

 

 

 

 

スーピマコットンメッシュセーター

 

f:id:narcisman:20160305011210j:plain

 

 

 出典 www.uniqlo.com/jp/store/goods/172259-01 (オンライン及び一部店舗のみ取り扱い商品)

 

 

 

 次に気になっていたこちらのアイテムを解説。

 

どうやらオンラインでは白は売り切れたようです。

 

 コットン100のサマーニットセーター。

これは1枚持っておくと確かに何かと便利です。

カットソーにジャケットではまだ肌寒い時期、白ニットをインナーにアウターを羽織れば簡単に初春スタイルが出来上がり…なのですが…。

 

はっきり言って、これはちょっとオススメできません。

オンラインでは実物を見ずに買われていますし、ナル男も実物を見て、試着してみるまでは買おうと思っていました。

 

うーん、これユニクロ全般に言えるんですが、シルエットがまずどこ目指してるのかわからない。誰向けなの?と。

 

着丈は短めなのに、アーム・袖(そで)はもっさり(長い、持て余す)。

着丈が短いのでLを試着してみたところ、そでがどうにもならないくらいもっさり。

ちょっとまくるとたんまり溜まるくらいにアームがもっさり。

かといってMでもどうにも着丈が…。

さらにMでもアームがもっさり。

 

さらにさらに、スソのリブがどうにも腰に溜まりやすく、ストンと落ちてくれないのでどうにも綺麗に着にくい。

 

あとスーピマを強調して言うほど素材感の良さは無いですね。

 

ちょっとガッカリアイテムの筆頭に挙げざるを得ません…。

 

使えると思ったのにな~。

なのでオンラインで買い逃した皆さん、別に悔いる必要はないですよ笑

 

あとこれのネイビーは純粋な紺ではなく、かなり「緑」入っているので、色味注意ですね。

 

※追記

 

欲しい人が多いアイテムですので、もう少し詳しく書かせて頂きます。

アームがもっさりしているというのは、太いというより、長いのです。

持て余す感じですね。

 

さらにやはりスソ部分が気になります。

太くて大きいリブのせいでストンと綺麗に落ちてくれないので、着用の際は逐一手で伸ばしていかないと綺麗なシルエットになりません。

 

また試着した際は前から見た時だけでなく振り返って「背中・バックスタイル」を見てみてください。

スソ部分が落ちておらず、やはり溜まってしまっていることが多くて綺麗に見えないはずです。

 

逆に言うならこれらの点も「完全にインナー用」と割り切れば多少は気にならないのかもしれません。

 

これからおそらくですがそうやってインナーとしてそこそこに見える着画が出てくるのかもしれませんが、やはり上記の点は気になりますので、試着の際はそこを気をつけて見て下さい。

 

 

スーピマコットンボートネックセーター

 

 

f:id:narcisman:20160305013215j:plain

 

出典 www.uniqlo.com/jp/store/goods/172261-09(全店舗取り扱い商品)

 

前述のメッシュセーターと、同じラインとは思えない全く別物のシルエットのセーター。

 

正直これが今回一番オススメですね。

 実際買いましたし。

 

f:id:narcisman:20160305012502j:plain

このように実物は少し黄緑掛かっている?(画面によるが…)

 

 

 特筆すべきは「アームが細い」ので、メッシュセーターと違ってもっさりしない。

着丈や身幅を優先してサイズを上げてもアームがもっさりしてこないので、着せられている感じがありません。

 

 さらにソデ・スソがリブ処理されていないので「ストン」と落ちてくれて、スマートに着れます。

 

 「ニット」と「スエット」の中間のようなアイテムで、あまりニット感は無いですが、かといってスエットのような「固い」感じもなく、柔らかく厚いカットソー、という感じで着れます。伸縮性はあまりないです。

170cm前後の方は、MかLで良いと思います。

ナル男はLです。前述のとおりサイズを上げてももっさりせずスマートです。

 

色合いは、「ベージュ」表記なのですが、やや「黄緑掛かった糸」と「白い糸」を交互にかなり細かいボーダー状に編みあげていて、遠くから見ると「ベージュ」っぽく見えるという面白い色味。

 

ちょっと好き好き別れますかねこの色は。

色味が好きなら間違いないアイテムです。

 

濃い目のアウターと相性良いですよ。

 

こちらは他カラーも買うかもしれません。

 

f:id:narcisman:20160305014353j:plain

 ダークグリーンも、異なった色が交互に折り重なった複雑な色味

 

 

 ただあんまり注目されていないみたいなんで多分SALEで買えます。

かと言ってSALEになる頃は完全に着れないですし、買うなら今すぐ買ってまだ肌寒い時期着倒すと良いかもしれません。

 

ボートネックが、非常に今っぽいです。

アウターとの相性抜群。

 

 

だからといってボートネックTシャツ(カットソー)が良いかというとそんなことはなく…

 

f:id:narcisman:20160305015106j:plain

 出典 www.uniqlo.com/jp/store/goods/169023-65

 

 これ、オンライン画像だとよーく見ないとわからないんですが、首もとから少しした、横にデザイン入っているんですよ。

 

これが要らない…。実物だと結構気になっちゃいます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

スーピマコットンカーディガン

 

 

 

f:id:narcisman:20160305015434j:plain

 

出典 www.uniqlo.com/jp/store/goods/174227-58

 

ナル男的にこれもしかすると、トップスで一番良いんじゃないの?と思いました。

そこそこ厚みもあるので、軽アウターになる、というかあんまりインナーっぽくないんですよね。

ヒラヒラするというよりはしっかりしちゃってるので。

 

多分軽アウターとしてメインに使うことになると思います。

そういう意味では、あんまり「カーディガン」という感じではないのかな?

 

まあ確かにユニクロにしてはちょっと高い。

 

ただ、今買ってこなくて唯一後悔しているアイテムです。

 

MかLでかなり迷って。

カーディガンはピチピチは嫌で、そこそこ大きく着たいタイプなので、MかLか悩みまくって、(ユニクロにしては)高いし、まあいまんとこすぐに売り切れなそうだしいいや!って。

考えるのを放棄してしまいました笑

 

あとこんなこと言って良いのかな…?

 

ルメール、このカーディガンだけやたらこだわってません?

ちゃんとデザインしてる気がする笑

 

正直やっつけちゃうんか?っていうアイテム多いんで…。

 

メッシュセーターとか、「こんなん作っておけばユニクロの客層は買うんやろ?」っていう、むしろルメールじゃなくてユニクロ主導で作ってない?と勘ぐってしまうアイテムもあるのですが…。

 

ちなみにこれはグリーンかネイビーか、色でもかなり悩みました。

 

f:id:narcisman:20160305020512j:plain

 

 

後日これだけ買いに行くかもしれません…。

ただ、事実としてやっぱり「ユニクロのカーディガン」としてはお高いんですよ。

カシミアとかではないですしね。

 

もうちょっと出せば、他ブランドで買えるものも色々出てくるわけで…。

何でしょうね、ユニクロって安いけど、その分シビアになっちゃう部分もあるんですよね。

まあユニクロでどうしても買わなくちゃいけない!ということは強烈なファン以外は無いはずなので、そのスタイルで良いと思うんですけどね。

 

まあもし買ったらまた続報しますよ軽く。

 

さて、ここまで読んでもうお気付きですね。

 

「このペースで行くと、1万字を遥かに超える」

 

 

というわけで、ちょっとここで切らせてもらいます。

ちょうどいい具合に「カットソー&ニット」にまとまったので。

 

次は「シャツ&アウター」編になるかと思います。

予め言っておきますが、ボトムスは全く見ていないのでレポートしません。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

続編書きました。 こちらからどうぞ

 

 

 

www.narcisman.com

 

 

 

 

www.narcisman.com

 

 

 

www.narcisman.com

 

 

 

スポンサーリンク