クリスマスコーディネート、キメ過ぎとフツー過ぎの狭間を小物で埋める

スポンサーリンク

 

 クリスマスのコーディネートが決まらない!と悩んでいる人多いですよね?

 

 プレゼントは買ったけど、自分のコーディネートはどうする、と? 

 

 というか、そもそもメンズのイベント時のコーディネートはキメ過ぎとフツー過ぎのバランス感が難しすぎる!

 

 そんな方のお役に立てれば…というクリスマスコーディネート特集!

 

 まあ今年は(も)ド平日なわけですが笑

 

 そんなことは気にせず行ってみましょう!

まずは「小物でちょっとクリスマス感を出す」がテーマです!

 

スポンサーリンク

  

 

松任谷由実が変えたクリスマスの景色

 

 今朝ラジオで「恋人はサンタクロース」が流れていて、その解説で

 

「80年代の日本にはクリスマスは恋人のイベントといった趣向は実はあまりなくて、子供のためのイベントに過ぎなかった、それを『恋人はサンタクロース』と歌うこの曲が、彼氏がカノジョにプレゼントを贈るという恋人の日へと変えた、とまでは言わないがある意味予言的な歌だった」

 

 みたいな話をしていて、僕が無知なのもあるんですが、非常に驚きましたね。

物心付いた時からクリスマス=リア充イベントでしたから。 

 

 どーせCanCamかan-anあたりがそういう風にしたんじゃねえの?と思ってたので。

 

 マジかよ!ゆーみん、俺らをこんなにも悩ませていたのはお前だったのか…。

 

 ハロウィンの突然の「日本3大リア充イベント化」に軽く困惑しているナル男ですが

こんな困惑を昔の人も味わってたんですね…。

 

 というわけでクリスマスに何の用事もない人は

「松任谷由実とその旦那」に怒りをぶつけましょう。

 

 

 まだプレゼント買えてない人はこの記事などを参考にどうぞ。

 

narcisman.hatenablog.com

 

 

キメ過ぎと何か足りないの狭間で…アイテム1点だけ変えてみる

 

 クリスマスコーディネートと言っても、そんなに気張らなくても良いと思っています。

 

 前も言いましたが、チェスターコート+ツバ広ハット+クラッチバッグなんてフル装備は、ちょっと気負い過ぎです。

  流石に何か外したほうが良いのでは?

 

 「クリスマスなのに、こんな装備で大丈夫か…?」と不安になる気持ちはわかりますけどね。

 

 おそらくクリスマスみたいなイベント時のコーディネートが難しいのは

「キメ過ぎ」と「いつも通り過ぎ」の狭間で悩ましいからではないでしょうか?

 

 まあこれはメンズファッションに常につきまとう葛藤でもありますけどね。

女の子とか口をそろえて「シンプルなコーディネートが好き♪」とか言いますけど、それでいて「なんかフツー過ぎ…」とかも平気で言う小悪魔どもですからね。

 

 そこを是非乗り越えてもらいたい!

 

 というわけで、まずはシンプルなコーディネートに一点小物を足してみるというのはどうでしょう?

 

シャツ+ニットのシンプルなコーディネートにアレを足す

 

 おそらくクリスマスの2大インナーは、シャツorタートルネックでしょう。

カットソーはもう寒いしな…。

 

 気取らないカットソーにカーディガンみたいなコーデ好きなんですけどね。

 

 そして、シャツだけ、あるいはシャツ+ニットみたいな定番コーディネートをしてみると「何か足りないな…」と思うこともあるはずです。

 

 そんな時は小物を足す、具体的にはニットタイを足してみてください。

 

f:id:narcisman:20151220070652j:plain

 

セレクトスクエア→ http://www.selectsquare.com/urbanresearch/g2128517/

 

  

         f:id:narcisman:20151220070845j:plain

  

 セレクトスクエア→ http://www.selectsquare.com/urbanresearch/g2128517/

 

 小物は基本的に脇役なわけですが、ニットタイは分かりやすくコーディネートを変質させてくれます。

 

 「きちんと感」と「温かみ」が両立しているという、立ち位置が絶妙なアイテム。

なんか最近クールビズの影響で、夏場に半袖でリネンニットタイしてる人たちが「ニットタイダサい」というイメージを広めていますが…。

 本来は冬場に威力を発揮する小物です。 

 

 なぜなんでしょう、物足りなかったコーディネートをどこかキチっとさせてくれますし、キメ過ぎなコーディネートを「緩和」してくれるし、という不思議なアイテムです。

 私服のコーディネートにシルクのネクタイだとちょっとキメ過ぎですからね。

 

 職場がオフィスカジュアルなら平日の今年でも取り入れやすいテクかなと思います。

 (それが許さるかは職場次第ですから自己責任で)

 

 ナル男もネクタイが大好きで、以前はセレクトショップに行くたびに1本ずつ増えたりしていたんですが、私服の場面でネクタイ、というのはあまりオススメ出来ません。

 以前はナロータイを私服で、というのが流行ったんですが、今やるとどうにも「お兄」な感じが出てしまいますね…。

 

 でもニットタイは別ですね、特にイベント時などに分かりやすく「私服なのにちゃんとしてる」感が出せるのでオススメです!

 

 また、普通のネクタイよりちょっと「可愛らしさ」「おふざけ感」を狙ってもあざとくならないのがニットタイの良さ。

 

f:id:narcisman:20151220060539j:image

 

 

  ナル男私物のbauty&youthのモノ。

これはよーく見るとハートの柄なんですね。

 

 これしてるとかなり評判良いです笑

ちなみに今季のモノではありませんのでご注意を

 

 どう取り入れるか?なんですが、もう気軽に巻いて見てください。

フツーに垂らしてもいいですし。

 

 

f:id:narcisman:20151220072353j:plain

 

 セレクトスクエア→http://www.selectsquare.com/greenlabelrelaxing/g2169118/

 

 個人的には、「ギンガムチェックシャツ」との相性が抜群。

なんでもないギンガムチェックシャツコーディネートが変わります。

コート類とももちろん合いますが、実はブルゾン系にも合います。

 

 ニットタイって基本的に普通のネクタイとは異なり剣先が三角ではなく、四角なので、そこに違和感があるという人もいると思うんですよね。

 いきなり全面的に垂らすのはどうにも恥ずかしさがあるという方は…。

 

 

 

http://i7.wimg.jp/coordinate/fq95ru/20151217111336965/20151217111336965_500.jpg

 

 出典 http://wear.jp/nesai/coordinate/5749259/

 

 ニットなどとのレイヤードでノット部分のみをチラ見せがおすすめですね。

たとえ見える面積が狭くても、ニットタイがあるのと無いのでは全然違って見えるので。

 

(てか、ここまでファッションを極めてみたいですね…もちろん自分に合ったといのが前提ですが)

 

 ソリッド(単色)のモノであれば、何らかの織りが入っているなど表情があるモノがおすすめですね。

 

  せっかくのニットタイなので、どこかに「遊び」が欲しいですね。

ニットタイ自体が遊びなのですが。

 

             

 

beauty&youth  amazon→http://www.amazon.co.jp/gp/product/B014K5PHKI

 

 コーディネートが物足りない時の「チョイ足し」にもってこいのニットタイ。

もちろんマフラーなどで首元を誤魔化すのも良いのですが、食事時など取らねばならいわけですからね…。

 

 ニットタイならはずさなくて良い、という点で優位性があります。

 

 

 

narcisman.hatenablog.com

 

全てを台無しにしないために…靴下を忘れるな!!

 

 小物といえば、こういう時靴下を忘れたくないですね。

ホント全てが決まってても、靴脱いだら靴下がショボいとか、台無しですからね。

 

  ナル男はあんまりやり過ぎロールアップ等、あえて靴下を広い面積見せる、というコーディネートはあざとすぎて好まないのですが(せめてチラ見せ、程度でしょう)

 脱いだら穴空いてるとか論外なんで、せめて新品を買いましょう。

 

 こういう時に良い物を思い切って買ってみるのも良いですね。

靴下なんていいものでもそんなに値が張るわけでもないですし。

 

 

      

 

 

 (BEAUTY&YOUTH) BY トライバル ソックス

amazon →http://www.amazon.co.jp/gp/product/B018UOG12I

   

     

 

 BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS BYMC リブストライプソックス

amazon→http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00HX5BJVO

 

 

スポンサーリンク