読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴・スニーカーに使う防水スプレーを比較、おすすめはナノプロ?効果は?

洋服のケア 靴・ブーツ 革小物 スニーカー

スポンサーリンク

 

防水スプレーは、防水出来ない?雨の日対策だけじゃない防水スプレーの役割、最高の撥水性能から、ケアとの両立まで!スプレーによっては使えない革もある?

 

どーもナル男です。

スタンスミスについての記事を書いたのですが、やはり白スニーカーは綺麗に履いてナンボだと思うので、それを実現するための防水スプレーについてまとめてみました。

 

スタンスミスの記事の中で解説しようとしたんですが、長くなりそうなので独立して。

 

スポンサーリンク

 

 

 

雨の日対策だけでない防水スプレー、白スニーカーの防汚対策にも

 

「白いスニーカーは雨の日履くな」というスニーカー界の格言がありますが、雨の日に履かなくても、日常生活の汚れっていうのはあるわけで。

防水スプレーにはそれを防ぐ力があります。

 

もちろん、防水スプレーしたから絶対汚れないとかそういうわけではないですが

するとしないでは汚れの付き方、落ち方がまさに雲泥なので、「どう汚れを落とすか?」よりも「どう汚さないか?」をメインに考えたほうが良いと思いますよ。

 

 

防水スプレーで有名なメーカーというと「コロニル」でしょうか。

靴屋さんにも、修理屋さんにも置いてありますよね。

 

「コロニル」の「ウォーターストップ」が、革製品向けとしては最も万能で、幅広い革に使用出来ます。

  

コチラは本当に靴に限らず様々な革製品に使用可能。使える革のバリエーションは一番多いのではないでしょうか?

 

 

ちなみに「防水」スプレーって、ちょっとミスリードなんですよね。

正確にはどれも「撥水」スプレーです。

なぜなら水の「侵入」を防ぐのが「防水」ですが防水スプレーに出来ることは水を弾く「撥水」がメイン。

 

で、その撥水性能が凄いのは同じくコロニルの「ナノプロ」。

撥水性能では最高ランクだと思います。

他の防水スプレーの多くは、水を弾くと言っても表面にボタボタっと水滴が付いてしまうのですが(浸透はしていないので、それを拭き取れば問題ありません)

ナノプロはきちんとスプレーされて、撥水膜が形成されていれば、水滴が丸くまとまって流れていきます。

明らかに水滴を弾いているのが視覚的に分かるほどなのです。

 

 

では、撥水性以外でウォーターストップと何が違うのか?と言うとおおまかに言うとウォーターストップの方がより革製品に向いていて、ナノプロの方はキャンバスなど非革製品にも幅広く使えるということでしょうか。

 

(革に向かないというわけではありません。しかしラム・シープにはオススメしないそうです)

 

ナノプロは「自浄効果」を謳うくらい「水や汚れを弾く力」が凄いので防汚としてもこれが一番です。

 

容量に対する値段も高いですが、それほど使用量を多くしなくても十分効果があります。

 

一度雨の日に出くわすとナノプロの凄さが実感出来ます。

まあ出くわさないほうがいいわけですが笑

 

バックパックとかにも使用すると良いですよ。

傘差してもバックパックはある程度濡れてしまいますからね。

(使えるかどうかは目立たない部分で一度確認を)

 

革製品に対する「栄養」が入っている防水スプレー

 

革製品は、潤いすなわち油分をキープしてあげる必要があります。

一般的にはクリーム等を塗ることでケアします。

 

上記2つの製品には、どちらも革製品に対する「栄養」はほとんど入っていないので、そのケアはスプレーとは別にする必要があります。

 

 靴にクリームを塗るケアがめんどくさい!という人は、「コロニル」の「1909シュプリームプロテクト」あるいは「woly」のソフトナッパがオススメです。

 

 

※スウェード・ヌバックなど起毛素材や、エナメル皮革・爬虫類には使用できないので注意が必要

 

これらは栄養が入っているので、スプレーするだけである程度油分もケア出来ます。

クリームによるケアの回数を減らせるわけです。

 

※ウォーリーソフトナッパは代理店が取り扱いを終了し、以下のモウブレイナッパケアに切り替わりました。以後は私もこれを購入するつもりです。

 

 

 

 

防水スプレーの使い方

 

どの防水スプレーも、ムラにならないように30cmくらい離して、均一にスプレーします。

 

 防水スプレーといえど、水分ですから、スプレーした直後は水で濡れたような質感になります。

そして、色が濃くなります。

 

これは普通のことであり、時間が経てば元の色に戻りますから、ここでビビらないでください。

基本的に靴に使用するなら大丈夫なわけですから。

 

「栄養入り」の方が、長い時間色が濃くなります。

 

どれくらい放置すべきか?なのですが、ぶっちゃけそのまますぐ出かけても問題ありません。

スプレーした直後から乾き始めますし。

 

革の濡れたような質感さえ気にならなければ、あまり問題ありません。

防水スプレーの性能自体は、スプレーした直後から発揮されます。

もちろん乾かした場合に比べると…なので、本当は出掛ける10~30分前くらいにスプレーしておくのが最低でも望ましいのですが、忙しい朝はそうもいかないでしょうし、スプレーしないよりは全然マシです。

 

以下の点だけ気をつけてください。

 

使用直後は滑りやすくなるので注意!

 

スプレーを離して使う、ということはスプレーの粒子は、周りにある程度飛び散ってしまうということです。

 

この飛び散ったスプレー、ものすごく危険です。

床や玄関がとても滑りやすくなるんですね。

 

木目の床とか本当に滑りやすくなるので、出来れば床は雑巾で吹くとかが望ましいのですが、家族等同居人がいる場合は「防水スプレーしたからすべりやすいよ!」と一言注意喚起しておくのがマナーでしょう。

 

防水スプレーの効果持続期間と落とし方

 

一度した防水スプレーの効果がどれくらい持続するのか?

これは悩ましいところです。

1週間に一度、スプレーするのが望ましいとされていますが、使用頻度にもよるでしょうし。

大体2週間は持つと思うんですけどね。

 

1ヶ月経ってしまうとかなり不安かなと。

雨・汚れ防止のためにスプレーするわけなので、できるだけこまめにしておくと安心かなとは思います。

 

落としかたは、まあ自然に落ちていくわけですが、万が一ちょっとしたシミみたいになってしまった場合でも、ステインリムーバーを使えば落ちるはずです。

 

ステインリムーバーは、以前使ったクリーム等を堆積を排除して、まっさなら状態にし、ケアの基盤を作るものですが、革を長く使うためにはオススメのアイテムです。

毎回は面倒でも、数回おきごとに使うと良いでしょう。

 

 

自身の持っている靴の種類や、ケアも考えてまずは1本買ってみる

 

「絶対に白スニーカーを汚したくない!」という人には、ナノプロがオススメですかね。

スニーカーメインの人には、キャンバスにも使えて便利ですし。

バックパックとか他のアイテムにも使えますし。

 

普段革靴が多い人は、栄養入りがやっぱりラクかなと思います。

 

 ナル男は、コロニルナノプロと、ウォーリーソフトナッパを併用しています。

 

各製品の下の※で使用できない素材も列記しておいたので、それも見つつ。

 

一長一短あるので、自身の用途に応じて一本買っておくと良いでしょう。

(いきなり複数本買い揃えるほどではないと思います)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

スポンサーリンク