ナルシストで何が悪い?

ナル男が運営する、主にファッションを紹介するブログです。

【ブランド紹介】AURALEE(オーラリー) 取扱オンラインショップ一覧

 

極上のオリジナル生地を次々と生み出すブランドAURALEE(オーラリー)、触れれば所有欲を刺激されること間違いなし…!?供給が需要を超えた19シーズンの苦戦…新たな人気アイテムも生まれた20シーズン…まだまだ注目のブランド。

全国のオンラインショップを一気に見れます!

 

 

 

 

AURALEE(オーラリー)とは?ブランドの特徴、次々と生み出される名作生地たち

 

 

 

auralee.jp

 

 

 

 AURALEEは、2015年スタートのブランド。

デザイナーは岩井良太氏。

 

生地問屋の名門であるクリップクロップが母体となり、従来型の「デザインに素材を乗せる」のではなく「素材作りからデザインと考える」ことをテーマにしています。

 

他にも「自分たちが思う本当に良い素材を提案する事、その素材を使い上質な軽さを表現する事」などを掲げて、今や日本のドメスティックブランドを牽引する存在まで登りつめました。

 

取扱店も非常に増え、大手セレクトショップのほとんどが取扱っています。

 

2019年にはパリコレにも挑戦。

 

ヨウジヤマモトなどの老舗を除いて、洋服好き以外にはなかなか知名度のないドメスティックブランドというカテゴリーですが、AURALEEの知名度はかなり高くなっています。

 

「素材の良さ」、と一口に言っても様々な意味合いがありますが、AURALEEのそれはとにかくわかりやすい。

 

糸をこれでもか!とたくさん使ってしっかり打ち込まれた生地は、厚さに関わらず密度がしっかりと感じられます。


上質な細い糸を使っているので、触るととても滑らかで、ジワッとした高級感のあるツヤ感もある。

 

 

 

f:id:narcisman:20200604205122j:plain

18AW   「DOUBLE FACE CHECK LONG COAT」

 

 

見て、触って、それだけで素人にもすぐに良いモノだと分かってしまう。

 

そんな「分かりやすさ」が、AURALEEの「素材の良さ」なのです。

  

それ自体が名作と呼べてしまうような、スーパーな素材が毎シーズン次々と送り出されています。

 

AURALEEは一般的に見ると非常に高い価格帯ですが、それでも業界内では安いとされるのも納得出来るところがあります。

 

 

一方でAURALEEのデザインするシルエットは、良く言えば洗練され過ぎていない、奔放なものが多いですね。

 

悪く言えば、野暮ったい。

 

シャツやアウターのアームがめちゃくちゃ太かったり、ジャケットにはほとんど絞りが掛けられていなかったり。

 

難しいと言わざるを得ないことも多いです。

 

ただそれを説得力を持って、余裕感のあるスタイルにまで昇華しているのは、やはり素材の良さがあるからでは無いでしょうか。

 

何でもかんでも「可愛い」と服を評する現在の風潮そのものはどうかと思いますが、AURALEEの作る服はシルエットや色使いがとてもチャーミングでもありますよね。


それでいて素材の良さという裏付けがある分、男性がいわば素材の良さを体の良い言い訳として、そうしたチャーミングな服を取り入れる事ができる。

 

そんなところも人気の理由でしょう。

 

 

供給が需要を超えた!?チェック柄アイテムの苦戦と、新たな人気アイテム

 

 そんなAURALEE人気も、19シーズンには陰りが…。

 

それまではなかなか買えなかった、ブランドを代表するチェック柄アイテムなどが難なく買える…。

 

どころか、シーズンが進んでも在庫がなかなか消化されずに、セール行きとなるショップが増えました。

 

これはアイテムの出来などもありますが、やはり取り扱いショップが増えすぎて、供給が需要を超えてしまったからでしょう…。

 

行く先々、違うセレクトショップで同じアイテムがまたある…となると、購買意欲は削がれますし、何より「希少性」や「レア感」なども立派な購買動機となる以上、一般的には高い値段を出して買おう…という気が無くなってしまうのは仕方ないところです。

 

よくAURALEEと並んで扱われることの多いCOMOLIは、需要に対して供給を絞る方向でブランドの舵取りを進めていますからね。

 

また、AURALEEがここ数年で生み出した人気アイテム達は、人気故にそのデザインを模倣されすぎて、陳腐化してしまった…という要素も確実にあるでしょう。

 


そんな19シーズンを経て、20SSシーズンに関しては新しい人気アイテムも生まれてきました。

 

 

 

www.instagram.com

 

 

それが、ブランドがイチから作り上げたデニム生地で作ったデニムジャケット。

 

形は、デザイナーの岩井氏が古着で見つけてきたヴィンテージのデザインを参考にした、エリが特徴的なほぼオリジナルのもの。

 

デニムジャケットと言えば、リーバイスの1st、2nd、3rd…と呼ばれる典型的な形をリファインしたものが多い中で、素材+目新しさが受けて今季の目玉アイテムになりました。

 

これはもうデニムジャケットがちょうど良い気候になる春先には既に入手困難となり、現在もプレミアが付く人気になっています。

 

ブランド初のデニムジャケット、かつ新顔となる形とあって、人気が読めずにショップによって入れたり入れなかったりと、上手く供給が絞れたのも良かったと思います。

 

その他にも20SSは、「置きにいった」と言うと聞こえが悪いかも知れませんが、

綺麗だけれど現実感のある色使いに戻って、だいぶ使いやすいアイテムが増えてきました。

 

 

毎シーズン、国内のブランドとしてはかなり早いシーズンスタートとなるだけに、もうすぐ20AWシーズンがスタートするでしょう。

 

 

 

 

www.fashionsnap.com

 

 

 

 

まだまだ要注目のブランドです。

 

 

 

AURALEE 取扱オンラインショップ一覧 

 

※新規・掲載漏れショップを追加しました。

※リンク切れを修正しました。

※このブログはメンズ向けなので、メンズの取扱いのみ。

今はほとんど取引が行われていないショップは除外しております。

 

 

 

【東京・全国】 

 

TOKYOlife

 

BEAMS

 

ADAM ET ROPE' 

 

O(オー)

 

COVERCHORD

 

BAYCREW'S STORE

 

JKPT STORE

 

Bshop

 

BLOOM&BRANCH

 

andPheb Stor(E)

 

Bechics

 

ESTNATION

 

DRESSTERIOR

 

 

 

【北海道】

thread 


1LDK terrace


【青森】 

ARTICLE

 

【山形】 

GEA-YAMAGATA

 

【秋田】 

seagull direction

 

【福島】 

TIME AFTER TIME

 

【新潟】 

SISTER

 

【石川】 

THIRTY’ THIRTY‘

 

【群馬】 

BELLURIA

 

【栃木】 

CORNER‘S ARK

 

【茨城】 

three one

 

【埼玉】 

twelve

 

【埼玉】 

DIVERSE-WEB

 

【千葉】 

SALONE  

 

【神奈川】

CHINATOWN

 

【長野】 

IDEAL

 

INTER

 

【富山】

MAKES co,ltd

 

【岐阜】  

EUREKA

 

【愛知】

kink

 

【静岡】 

ARTHUR FASHION WORLD

 

【福井】

DUG Corporation 

 

【滋賀】 

doo-bop

 

【三重】 

chacura

 

【京都】  

EQ.LOFTMAN


BALUCA

 

【大阪】 

VELISTA

Silver and Gold

 

dieci

 

strato

 

【岡山】 

AVELIA

 

【兵庫】

happy go lucky

 

【鳥取】  

TROUPE

 

【島根】 

chum!

 

【広島】

LEQUEL

 

【香川】

agreablmant

 

【徳島】

vio lastella

 

【福岡】 

FROM WHERE I STAND

 

【長崎】

racostar

 

【熊本】 

acoustics

 

【宮崎】

correct store

 

 

AURALEEは公式HPにて国内の取扱店を公開していないため、現状分かる範囲となります。

 

これは私が個人的にアイテムリサーチに使っていたものをさらに充実させたものになります。

全国のオンラインショップから網羅的に在庫を探すことが出来ます。

 

是非このページをブックマークして頂いて、探しているアイテムの在庫を探すのにご活用頂ければと思います。