ナルシストで何が悪い?

ナル男が運営する、主にファッションを紹介するブログです。

【2020年版】「Tシャツの中に着るインナー」という新発想!「インティー」が、日本の夏のTシャツ選びを変える!?

 

「Tシャツの中に着るインナー」!?グンゼ発の「インティー」が酷暑の日本の夏のTシャツスタイルを変えた!?選び方のポイントとは…?2020年版はスモークオレンジやデジタルカモフラ柄が登場

 

  

 

 

 

  グンゼが2019年の夏、「Tシャツの中に着るインナー」という新発想の商品として送り出してきたのが、その名も「in.T(インティー)」。  

 

 

 

 

f:id:narcisman:20190505201940j:plain



発売から1年が経ち、大分このアイテムの特性も分かってきました。

 

選び方のポイントや、最新バージョンの詳細なども含めてレポートしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

夏のTシャツ選びを変えた!?

 

 

  夏にシャツのインナーとして着る「見せない下着」としては、ご存知の通りユニクロの「エアリズム」がお馴染み。

 

元来シャツも下着だったわけですが、日本の気候的にはさらに中に下着を着るのはもはや一般的。

 

元々のルーツを主張して「シャツは下着なんだから、その下に何も着るべきじゃない!」なんて言い出す人はもはや少数派でしょう。

 

 

ではTシャツの中に着る「見せない下着」となると…?

 

 

 

あまりしっくり来ない、という人も多いハズ。 

 

なぜなら、Tシャツは、そもそもそれ自体が下着と思っている人が多いからです。

 

 

f:id:narcisman:20200513170832j:plain

 

 

ただ、現代におけるTシャツは、夏は立派な「アウター」です。

 

最近はプリントTシャツだけではなく、無地Tシャツを夏に一枚で着るスタイルもすっかり一般化しました。

 

 

 

f:id:narcisman:20200711235115j:plain

 

 

もはやこのスタイルを「下着を着ている」なんて思わないハズ。

 

そしてそれに伴って「Tシャツの中にさらに見えないインナーを着たい」という需要も高まっています。

 

何故なら無地Tシャツを夏に一枚で着るスタイルは、「透け」が気になるし、汗をもろにTシャツが受け止めることになるからです…。

 

それによって汗染みが出来てかっこ悪かったり、汗汚れによってTシャツが痛み、寿命が短くなったり…。

 

一部、この悩みに応えた汗染みの気にならない無地Tシャツ、なんてものも発売されていたりするので私も試してみましたが、ほとんど効果がない上にデザインも選べないですしね。

 

 

グンゼの調査によると現在Tシャツの下にインナーを着る人は35%もいるのだとか。
 

 

体感的には多いな、そんないるの?と思ったのですが、無地Tシャツに関しては「透ける・透けない」や「汗染みが目立つか?」というのは本当によく話題に上がるファクターではありましたからね。

 

 

タンクトップをインナーにする手もありますが、タンクトップでは脇汗を受け止めることが出来ません。

 

 

これに着目して、「Tシャツ専用のインナー」という新ジャンルを築こうという商品がインティーだったわけですね。

 

 

シャツ用のインナーでは、相当深いUネックになっていないとTシャツの首元からハミ出て不格好になってしまいますが、インティーはこの通りかなーり深くネックを取っており、前からも後ろからもインティーは見えないようになっています。

 

 

f:id:narcisman:20190505201121j:plain

 

 

 

それだけならインナー用タンクトップで良いのでは?と思うところですが、タンクトップよりも遥かに薄手で良い意味で存在感が無いのと、汗取りパットが仕込まれているのがインティーの特徴。

 

 

f:id:narcisman:20190505201231j:plain

 

この汗取りパットの形状も非常に工夫されていて、汗は身体の前側の方に多くかくということで、前傾するように配置されているんです。

 

これによって、相当多く汗をかくシチュエーションでない限り、脇汗のTシャツへの染みはかなり軽減され、ほとんど気にしなくて良いレベルになります。

 

 

インティーのメリットは、洗濯面でも。

 

私は素肌に直接Tシャツ・カットソーを着る場合、汗汚れの蓄積によるダメージを軽減するため、洗濯時にネック部分や脇下など、汗汚れの蓄積しやすい場所の「予洗い」を推奨しています。

 

これが、脇下部分にはほぼ不要になります。

 

インティーが代わりに汗を受け止めてくれますからね。

 

インティー自体は汗汚れが落ちやすい素材になっているので、予洗いは特に要りません。

 

こんな風に洗濯でラクをすることにも繋がりますし、結果的にお気に入りのTシャツへのダメージが減り、寿命が伸びます。

 

 

 

ただですね、そんなインティーの選び方にはちょっとした注意点があります。

 

 

 

10着以上買って分かった、インティーの狙い所

 

 

  実はインティー、2019年の発売以来様々なバリエーションが作られています。

 

一番大きな分け方としては、袖ナシのスリーブレスタイプか、袖アリのハーフスリーブタイプがあります。

 

 

スリーブレスタイプ

f:id:narcisman:20200513193824j:plain

 

 

ハーフスリーブタイプ

 

f:id:narcisman:20200513194255j:plain

 

 

オススメは、実は圧倒的にハーフスリーブタイプ。

 

私も最初はこのインティーというアイテムをタンクトップの延長線上に考えていたため、スリーブレスタイプを使っていたのです。

 

ただ、どうもパットのある脇下が食い込むような感覚があり…。

 

この手のインナーを使用することが男性より圧倒的に多い女性に言わせると「そういうものだよ」ということだったのですが、この感覚がどうにも気になってしまい…。

 

ただこれはハーフスリーブタイプに変えて、なおかつサイズを上げることでほぼ気にならなくなりました。

 

ハーフスリーブに変えたり、サイズを上げたりしても汗取りパットが機能しなくなる、なんてことはありません。

 

 

ここで気をつけなければいけないのが、サイズ感が結構タイトめに作られている、ということ。

 

サイズ展開はM・L・XLとありますが、このMが通常のメンズSくらいのサイズ感と考えて良いでしょう。

 

いつもメンズサイズのMを着ている人はLでも良いと思います。

 

 

 

2020年、現行のインティーラインナップ

 

 

 2020年現在のインティーのラインナップは、5種類。

 

 

 

 クルーネックTシャツ(ハーフスリーブ)YV2613P

 

 

in.T(インティー) クルーネックTシャツ

 

 

 

 クルーネック スリーブレス YV2618P

 

in.T(インティー) クルーネックスリーブレス

 

 

 

 クルーネックスリーブレス YV2819P

 

 

in.T(インティー) クルーネックスリーブレス(汗パット強)

 

 

 

 

クルーネックTシャツ(プリント)YV2814

 

 

 

in.T(インティー) クルーネックTシャツ(プリント)

 

 

 

クルーネックスリーブレス(プリント)YV2820

 

 

 

[グンゼ] スリーブレスシャツ YG Tシャツ専用 in.T(インティー)クルーネックスリーブレス(プリント)YV2820

 

 

 

先程述べたように、オススメはクルーネックTシャツタイプ、つまりハーフスリーブタイプになります。

 

 

色や柄は、白Tシャツなどを着た時のインナーの「透け」対策ならクリアベージュ、もし脱いだ時のカッコ悪さをちょっとでも軽減したいなら黒やプリント柄(デジタルドットのカモフラ柄です)ということになるでしょうか。

 

 

この春の新色として、「スモークオレンジ」も登場。

 

 

 

f:id:narcisman:20200513205101j:plain



 これもクリアベージュと同様に、上に白を着たときなどのインナーの「透け」対策カラーになります。

 

下に着たインナーは肌との境界線が透けるのですが、肌に近いクリアベージュやスモークオレンジは肌との境界線がほとんど見えないので透けない、というわけですね。

 

あまり地の肌の黒さ・白さなどは関係ない気がしたので、お好みで選んでもらっていいと思います。

(若干ですが、スモークオレンジのほうがパンツとの境界線などになると透けやすい気もしますね…あと何らかのきっかけではみ出て見えてしまった時にインパクトがある色なので無難なのはクリアベージュの方)

 

クリアベージュもスモークオレンジどちらにせよ、チラッとでも見えたらかっこ悪い色に違いはありません…。

 

 

また生地の素材は2019年秋冬に登場した、「綿55%, ポリエステル30%, ポリウレタン15%」と綿の割合を増強した「綿リッチタイプ」は廃盤となり、発売当時と同じく「ポリエステル35%、綿30% 、レーヨン20%、ポリウレタン15%」のものに戻っています。

 

 

 

こちらは春夏を想定しているので、仕方ないのでしょう。

こちらは汗をかくことを想定してかなりサラッと、ドライな質感しています。

 

私もあまり化繊の配合の多いインナーは好きではないのですが、サイズを上げて着ればそのうち素材感はあまり気にならないレベルにはなりますね。

 

ただ、着心地も大変良かった綿リッチタイプと比べれば「着心地が良い」とは言えないのは正直なところです。

 

 

実はこの着心地の良い綿リッチタイプ(YV1577P)もグンゼ公式ストアや楽天のグンゼ公式ストアにはまだ在庫が残っています。

 

こちらは通年タイプですが、夏でも使用できます。

 

 

 

このインティー、サイズ感や着心地の面で、どうにも合わない、ということは十分想定出来るので、まずは1枚試しに買ってみるというのが良いでしょう。


夏に使うものなので洗濯用に何枚も一気に欲しくなるところですが、まずは試してみて、まとめ買いはその後からで十分です。

 

 

 

 

amazon   楽天   ZOZO  グンゼ公式 

 

 

 

グレーTシャツが夏でも着れるように!?でもどうにもならないこともある…

 

 

 夏の汗染みと言えば、グレーのTシャツ。

 

基本的に、乾いている時と水に濡れた時で色差が大きいほどに汗染みは目立ちやすくなります。

 

白以外の淡い色は大体当てはまりますが、ポピュラーなカラーではグレーのTシャツが汗染みが目立ちやすい筆頭でしょう。

  

 

f:id:narcisman:20190505061801j:plain

 

f:id:narcisman:20190505203431j:plain

 

 

 

インティーを使えばこれらを夏でも着れるようになるのか?

 

答えは…なります!なるますが、どうにもならないことも…。

 

前述の通り、インティーは脇汗対策にはかなり強い効果を発揮します。

 

がしかし、唯一どうにもならないところが…。

 

それは、首元から見えることを防ぐために深めに取られたUネックの部分。

ここの汗染みだけは、生地が無いわけですからどうにもなりません。

 

やっぱり真夏に外を歩くと、最近は本当に暑いですから、ここの部分だけ汗染みが出来てしまいますね…。

 

グレーのカットソーなんかは特に、ネックの部分だけ綺麗に染みが出来て、それが結構かっこ悪かったり…。

 

また上で洗濯時にTシャツの脇下の予洗いはしなくてよくなる、と書きましたが、ネック部分に関しては変わらずやったほうが良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インティー以外にもある!夏向けグンゼのオススメインナー

 

 

 私の愛用するグンゼの夏向けオススメインナーは、インティー以外にもあります。

 

 

 

f:id:narcisman:20200513215004j:plain

【強撚カットオフ】UネックTシャツ(U首・袖短め・脇パッド対応)【公式通販】グンゼストア

 

 

 

f:id:narcisman:20200513213932j:plain


 

SEEK(シーク)の「強撚カットオフUネックTシャツ」。

 

 

f:id:narcisman:20200513214200j:plain

 

 

SEEKはグンゼの上位ライン。

 

やや高めながら、高機能かつ見えてもそこそこカッコいい、というものが見つかるラインです。

 

これは撚(よ)りを加えた強撚糸を使用し、綿が55%使用された綿リッチなタイプながら、強いシャリ感、ドライな質感を持たせています。

 

 真夏の見せないインナー適性はかなり高いですね。

 

こちらはインティーとあまり変わらない構造をしていますが、シャツでの使用を想定されたもの。

 

まあインティーをシャツに使ったりとか、全然OKなんですけどね。

 

これを使えば、真夏のシャツスタイルもより快適に過ごせるはず。

 

袖丈が短いので、半袖シャツの袖口からインナーの袖がはみ出す、という一番かっこ悪いパターンも防げます。

 

しっかり抗菌・防臭加工もされています。

 

流通が少なくて、一部百貨店の下着売り場とかグンゼストアでしか買えないのがネックですが、機能性に加え、ライトグレーの色味や生地感が見えてもそこまで格好悪くないのも良いですね。

 

こちらの品番は、「EE3417」 になります。