無印良品で今の時期を乗り切る!ライト・ライトアウターベスト3。ユニクロU2017AW先行発売のTシャツは使えるのか?

スポンサーリンク

 

無印良品で中途半端な今の時期を乗り切る!ライト・ライトアウターベスト3。ユニクロU2017AW先行発売のTシャツ、新型エクストラファインメリノタートルネックは使えるのか?

 

 

 最近は「秋がなくなった」なんて言われますが、この先10月いっぱいくらいまでは、夏なのか秋なのか分からない気候を行ったり来たりしながら、気が付いたら冬に、という感じですよね。

 

もちろん地域にもよると思いますが、この暑さの残る季節をいかにやり過ごすかがファッション的にも大事になってくるわけです。

 

この季節は、春物を有効活用するというのも手ですね。 

ただ、春物はその性質上、春物特有の「軽さ」がありますから、季節感には注意したいところです。

私は最近は秋用に「重さ」のあるシャツを購入したりしています。

 (それはもう1つの記事で)

 

www.narcisman.com

  

そんなにお金を掛けずにこの季節をやり過ごしたい!という方のために、無印良品で選ぶこの季節にぴったりの「ライト・ライトアウター」を紹介しましょう。

 

後半には、ユニクロからユニクロU先行発売のカットソーと、新型のエクストラファインメリノタートルのレポートもあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ライトアウターよりさらにライトなライト・ライトアウターとは?

  

 「ライト・ライトアウター」とは、いわゆる「カットソーに軽く羽織る」程度の、極めて軽いアウターのこと。

 

いわゆるシャツアウターだったり、薄手のパーカーだったり、カーディガンだったりをイメージして頂ければと思います。

「羽織り物」でも良かったんですが、便宜的に私が名付けました。

(使い続けるかは不明です。)

 

ライトアウターは、デニムジャケット・Gジャンやスカジャン、厚手のパーカー、薄手のコートだったりを指しますが、それよりも更に軽いアイテム類。

 

夏と秋の間くらいの、ちょうど今くらいの季節はそれらライトアウターはちょっと暑い、でもカットソー一枚ではちょっと季節感が…という微妙な季節。

 

そんな隙間を埋めるような、それでいて実は真夏を除いた1年中使えるような、そんなユースフルなアイテムでもあることが多いのです。

 

無印良品で探す、今買うべきライト・ライトアウターベスト3

 

 実はこのライト・ライトアウターに強いのが無印良品。

春先、そしてこの時期に無印良品のアイテム紹介が増えるのはたまたまではありません。

 

何ていうか、この手の「軽い」アイテムが得意なんですよね無印良品は。 

重くなるとてんで駄目だったりするんですが。

 

そして、ライト・ライトアウターは実はセレクトショップレベルではちょっとお値段出すのがつまらない物が多かったりするのも事実。

それ以上の思い切り良いものを買うか、無印良品でリーズナブルに手に入れるのが実は一番良いんじゃないかと思っています。

これからアウターに向けて資金を温存したい、という需要もあるでしょうし。

 

そんなわけで、早速行ってみましょう。

 

ベスト3 オーガニックコットンフランネル杉綾ボタンダウンシャツ

 

 

 

 

https://img.muji.net/img/item/4549738768296_1260.jpg

 

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738768296

 

お馴染みのいわゆる「ネルシャツ」です。

よく見るとヘリンボーンの織りが見えます。これを「杉綾織り」と言い、「杉綾」と商品名に付けているんですね。

 

この織り模様が、パッと見の、主張しすぎず自然に生地感に雰囲気を出してくれています。

よくよく近付いてみると、その秘密が分かるというわけです。

 

ユニクロイネスでも無地のネルシャツを紹介しましたが、

http://www.narcisman.com/entry/uniqloines-mens2017#フランネルシャツ長袖E

そちらと違って、こちらのボタンはきちんとグラデーション処理がされていて、安っぽさをある程度払拭してくれているので、明るめの色も躊躇なく選べますね。

 

画像のダークグリーンが一番オススメです。

サイズ感は無印良品特有の着丈が短めの、シャツとしては少しだけ前のトレンドの形なのですが、アウターっぽく羽織るのであれば問題ありません。

 

ユニクロや無印良品のアイテムは、先日紹介したユニクロイネスのステンカラーコートみたいな例外もあるにはありますが、基本的にはどうしてもチープな質感がしてしまうものです。

 

だから、新品のまっさらなピン!としたようなアイテムよりも、少しこなれた雰囲気が出るものを選ぶのが鉄則です。

(それが裏目に出て、さらに安っぽくなってしまっているアイテムもありますけどね。)

  

 

 

ベスト2 オーガニックコットンインディゴデニムシャツ(ネイビー)

 

 

 

https://img.muji.net/img/item/4549738521228_1260.jpg

 

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738521266

 

  ウエスタンタイプでも無く、薄すぎてペラペラでもないデニムシャツって貴重です。

これもシャツというよりは、Gジャンやブルゾンのような形で、アウターっぽく羽織るのにちょうど良い形ですね。

 

色は、色落ちの進んだライトなもの、ほとんど色落ちの無いダークなものもありますが、ちょうど中間のネイビーの色落ち加減がとても良いですね。

この生地感と、ブラウンのボタンがよく調和しています。

 

昨年はこのくらいの時期に無印良品のシャンブレーシャツをオススメしましたが、今季はこのデニムシャツのネイビーをオススメします。

 

 

ベスト1 オーガニックコットンムラ糸裏毛ダブルジップパーカー

 

 

 

https://img.muji.net/img/item/4549738801771_1260.jpg

 

 

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738801771?searchno=11

 

 

 コスパ、コストパフォーマンスの意味も様々ですが、汎用性の高さと、「安いけれど、それなりにサマになる」みたいな意味だったらこのアイテムはかなりコスパが良いと言えるでしょう。

 

やっぱりどんなに安くても、着て、サマになる、サマになるから着る、ということを繰り返えせないなら、やっぱりそれはコスパが良いとは言えません。

 

元々無印良品のパーカーは形が良くて気に入っていたんですが、昨秋から継続のこのムラ糸裏毛ダブルジップは、生地の素材感がより古着っぽく、前述したこなれた感じがより出て来る物になりました。

 

https://img.muji.net/img/store/autoinclude/17aw/17aw_hakkentohinto_1312_1.jpg

https://img.muji.net/img/store/autoinclude/17aw/17aw_hakkentohinto_1312_1.jpg

 

1万円台後半くらいするブランドのスウェットパーカーと、目指している方向性が一緒なんですよね。

見方を変えるとチープなんだけれど、それを「だから良いよね」と変換する方向性というか。

予算やコストがある程度限られているのは、どこも一緒(ユーザーも一緒)。

差が出てくるのは方向性かもしれませんね。

 

ことパーカーに関しては、紐やダブルジップなどの細かいところを取ってみても、ユニクロより多少高くても無印良品のほうが上じゃないかなあ?

 

私はリーズナブルに洋服を買っていくなら、この方向性が正しいと思いますね。

どうしたってまっさらな、新品のクリーンな感じで勝負したら、ユニクロや無印良品の価格帯ではキツイんですよ。

 

ジップアップタイプのパーカーの場合、合わせるインナー次第なところもありますが、このパーカーの場合、アームホールが細くキツく作られているので、今のトレンドからするとちょっとサイズを上げたほうが良いかもと、思っています。

 

カラーは昨年展開されていた味わいのあるブラックは無くなってしまいましたが、シンプルにグレーで良いでしょう。

 

グレーのパーカー、は私の基本アイテムでもあります。

 

 

スポンサーリンク

 

番外編その1 パラグライダークロスポケッタブルウインドブレーカー

 

 

https://img.muji.net/img/item/4549738897712_01_400.jpg

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738897712

 

 番外編としてオススメしたいのが、無印良品で最もオススメしたいシリーズである「パラグライダークロス」を使用したパーカー。

 

 

パラグライダークロスを使用したケース

f:id:narcisman:20170915031059j:plain

 


私はいくつ持っているかわからないくらい、ありとあらゆるところにこのパラグライダークロスのシリーズを使っています。

生地の質感、耐久性、軽さ、値段等バランスの良いアイテムが多いですね。

 

このパーカーの良いところは、その名の通り、小さく折畳んで持ち運ぶことが出来ること。

 

突然の雨のときは「雨合羽」になるし、今くらいの時期「昼間は暑いけれど、夜は寒い」みたいな時にさっと取り出して羽織ることが出来るんですね。

 

旅行とか、ちょっとした泊まりの時にかなり重宝しますよ。

 

 

https://img.muji.net/img/item/4549738897712_1260.jpg

https://img.muji.net/img/item/4549738897712_1260.jpg

 

無印良品らしい細いアームで、袖先はギュッと絞られているので、カットソーの上から羽織れば、スタイリッシュにまとめることが可能。

 

これを普段着にしろとは言いませんが、なかなかのユースフルアイテムです。

ポケッタブルで、防水性もあって、みたいなパーカーってアウトドアブランドにありますけど、かなり高い上にファッション性は皆無だったりしますからね。

もちろん機能性は違うんでしょうが、タウンユースならこれで十分でしょう。

 

 

旧商品はセールになってますが、おそらく大幅な仕様の違いは無いはず?

 

https://img.muji.net/img/item/4549738478515_01_1260.jpg

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738478515?searchno=4

 

無印良品はマイナーチェンジが多い上にどう変わったのか分かりにくいので、厄介ですよね。

 

番外編その2 綿ツイルスタンドカラーシャツ

 

https://img.muji.net/img/item/4550002054892_1260.jpg

 

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4550002054878

 

 今年に入ってからの再スタート直後はうーん…という出来だったMUJI LABO(ムジラボ)メンズですが、夏以降はかなり良くなってきました。

 

 

www.narcisman.com

 

 

www.narcisman.com

 

その延長線上として登場した秋冬モノの綿ツイルスタンドカラーシャツもなかなかの出来。

 

何が良いって、無印とは思えない生地のクオリティーの高さです。

高密度にしっかり厚みを持って織られた生地は、まさにアウターに近いそれ。

 

ボタン配置や着丈なども含めて、アウターっぽく羽織ることの出来るシャツ、としてぴったりのアイテムになっています。

 

春先のかなりゆったり作られていた長袖シャツに比べるとそれでもややタイトめになっているので、アウターっぽく羽織るならサイズを上げても良いかもしれません。

 

 

https://img.muji.net/img/item/4550002054830_1260.jpg

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4550002054830

 

惜しむらくは、もう少しスタンドカラーに長さがあると、より良かったかなという点。

スタンドカラーが短く、ほとんどノーカラーに近いので。

 

もう1つは、やはり無印としてはかなり高額なアイテムとなっていること。

セレクトショップオリジナル品のレベルまで来ていますからね。

そのセレクトショップオリジナルの同価格帯のアイテムと比べても決して見劣ることはないのですが、流石に無印良品のアイテムの枠内で考えると、高いのかなあ…

ということでベスト3からは漏れることとなりました。

 

秋もムジラボには期待大ですね。

 

スポンサーリンク

 

 

ユニクロU2017AWは、半袖Tシャツの先行発売からスタート、旬のカラーは使えるのか?

 

 2015年AWから始まったクリストフ・ルメールとユニクロのコラボ「ユニクロルメール」は2016年AWから「ユニクロU」と名前と形態を変えて継続中。

 

その2017AWシーズンは、クルーネックT(半袖)+Eからスタート。

※+Eとは、超大型店+オンラインショップ限定という意味です。

 

 

 クルーネックT(半袖)+E  

 

http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/402257/item/28_402257.jpg

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/402257-28-005

 

 

 

f:id:narcisman:20170911095912j:plain

 

ユニクロUは、毎回毎回カットソーの生地タイプを変えてきているんですが、今回は春先のクルーネックTシャツからのマイナーチェンジにとどまっていますね。

 


 2017SS クルーネックT(半袖)

http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/180734/item/00_180734.jpg

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/180734-09

 

今回のユニクロUクルーネックT(半袖)の特徴は、ザラッとしたアメリカンな生地と丸胴のボディー。

 

おそらくこの生地感だと、好き嫌いが別れるでしょうね。

スーピマコットン的な、分かりやすさが無いので。

 

ただ私は色を選べば結構使えると思います。

 

例えば「DARK ORANGE」。

 

今季のメンズのキーカラーとして、オレンジがかったブラウン、テラコッタを紹介していますが、この色もそんなニュアンスのカラー。

 

f:id:narcisman:20170911100014j:plain

 

色味×生地感によって、こなれた感じが出せるので、手っ取り早くトレンドカラーを味わえるという意味でも1枚買ってみても良いでしょうね。

 

他にはネイビー、ホワイトまでは使えそうですね。

 

ユニクロUは今月末から本格展開が始まり、長袖タイプも発売されますが、どうやらこのダークオレンジは展開が無いようですね。

 

https://www.uniqlo.com/UniqloU17fw/common/images/item/404565_78_347F255A_A1_S.jpg

https://www.uniqlo.com/UniqloU17fw/common/images/item/404565_78_347F255A_A1_S.jpg

 

 

 

www.narcisman.com

 

 

新型のエクストラファインメリノタートルは?

 

 こちらはユニクロUではないんですが、オンラインストア・大型店舗のみの先行販売商品となる「エクストラファインメリノタートルネックセーター(長袖)」。

 

待望のタートルネックタイプであることに加えて、上述した旬のカラーっぽい「DARK ORANGE」が展開。

エクストラファインメリノシリーズでこの色の展開はこのタートルネックタイプしかありません。

 

http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/400624/item/28_400624.jpg

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400624-28-005

 

f:id:narcisman:20170911095826j:plain

 

エクストラファインメリノを使用しており、確かに悪くは無いんですが…。

 

私はこれを1枚で着て似合う日本人って少ないんじゃないかなと思いますね。

身体にピシッとフィットして、首周りも締め付けのきつい窮屈なタイプなので。

頭も大きく見えちゃいますしね。

 

かなり大きめのサイズで買っても、ちょっとそこが気になりましたね。

着心地の良さがウリのエクストラファインメリノですから、首がキツイのはちょっとどうなのかなあと。

 

用途としては、ジャケットなどの下に着るとか、レイヤードで使うことになると思うんですが、私はあまり過剰なレイヤードはオススメしていないので、うーん…。

 

着用できるのはまだ大分先の話になりそうですし、今月後半にユニクロUから同じような色のモックネック、タートルネックタイプのニットが出るので、それらと比べてみてからでも良いのではないか?と思っています。

 

 

ユニクロU Uメリノブレンドハイネックセーター(L)+E

http://www.uniqlo.com/UniqloU17fw/common/images/item/403165_37_357F135B_A1_S.jpg

http://www.uniqlo.com/UniqloU17fw/common/images/item/403165_37_357F135B_A1_S.jpg

 

 

http://www.uniqlo.com/UniqloU17fw/common/images/item/403170_37_357F136B_A1_S.jpg

http://www.uniqlo.com/UniqloU17fw/common/images/item/403170_37_357F136B_A1_S.jpg

 

もちろんこれらが良い保証はないんですが、今慌ててエクストラファインメリノを買う必要は無いですね。

 

ユニクロUに関しては2017AWもアイテムレビューを一応予定しております。

 

スポンサーリンク