ナルシストで何が悪い?

ナル男が運営する、主にファッションを紹介するブログです。

ユニクロU2020春夏シーズンが遂に発売!抑えるべき3つのポイントは…?

 

 ユニクロU2020SSが遂に発売!注目ポイントはどこに?

 

 

 昨年よりだいぶ遅い2月21日スタートとなったユニクロU。

 

新型コロナウイルスの影響でどうなのかな?と思っていましたが、やはりそこはユニクロU。

 

発売日当日の店頭はかなり賑わっていましたね。

 

ただ同時にいつもよりオンラインでの売り切れが早い気がするのは、今人混みの中に出掛けたくないということもあるような気もします。

 

それにしてもユニクロUはね、なんだか急かされるんですよね…。

 

紹介するインフルエンサーも多いし。

 

完売!完売!って言われると焦ってしまうと思うんですけど、今日は今季のユニクロUを見た率直な感想と、攻略のポイントを探っていきたいと思います。

 

 


 

 

 

 

 

1万円以下のライトアウターが充実!

 

 

 今季のユニクロUは、アウターが本当に充実したな、という印象です。

 

正直去年までのユニクロUはブロックテックを使ったロングコートはともかく、6000円~8000円くらいのライトアウターがどうにもちょっと足りないな…ということが多かったので。

 

 

 

f:id:narcisman:20200223134146j:plain

 ドリズラージャケット

 

 

例えばドリズラージャケット(スイングトップ)なんかも、2年前に出たものより格段に良くなっていました。

 

 

f:id:narcisman:20200223184320p:plain

 

  


悪く言えば無難、ですが、裏を返せばそれだけミニマルだということ。

 

全く目立たず、あ!ユニクロU着てる!とはならないのですが、それが良いんですよね。

 

トレンドアイテムとしてここ2年ほどでMA-1とショート丈アウターと入れ替わった感のあるスイングトップ。

 

スイングトップと言うとおじさん、というイメージが未だにあると思うのですが、おじさんっぽいスイングトップをよくよく観察してみると、生地がバリッと固い印象を与えるものなんです。

 

これはそういう嫌な固さが無いし、落ち感もあってシルエットも綺麗に出てくれるので。

 

リヨセル(再生繊維)とコットンを用いたしっとりとした繊細な生地な生地を使っているからなんですが、2年前のモデルのバリッとしたハリ感がなくて、柔らかくちょっとクタッとした落ち感もあって。

 

黒を選んでも変なツヤ感が無いのも良いですね。

私が好きなMARKAWAREが柔らかいコットンギャバジンのスイングトップを出しているんですが、結構それに近い質感なんですよ。

 

 

スイングトップはスソの絞りがキツすぎるものも多く、それが難しさの原因でもあるのですが、これは背中側の両端部分のみにゴムが仕込まれているので、締め付けはほとんどなく、ニュアンス程度。

 

着丈も短くし過ぎず、バランスが良いです。

 

好みのサイズ感でサクッと羽織ればあまり深く考えずともある程度サマになってくれる、という。

 

ユニクロUのアウターって、ファッション初心者には向くけれど上級者には向かない、上級者には向くけれど初心者には向かない、みたいな両極端なアイテムが混在しているので(前者は19AWのフリースシャツジャケット、後者は今季のブロックテックトレンチコートなど)、なかなか推しどころに迷うのです。


これは結構幅広いレンジにオススメ出来るアイテムかなと。

 

余計な味付けのない匿名性の高いプレーンなアイテム。

 

こういったシンプルなアイテムは縫製や素材にとことん拘ってみるのも一つの手ですが、これもかなり良かったですよ。

 

本当に地味なので、完売圧力も掛からないはず。

 

なのでゆっくり選べます。

 


このアイテムだけでなく、コート以外のライトアウターがユニクロUでもようやく充実してきました。

 

 

コートは他ブランドと比べて相対的には安いとは言え、値段的にもちょっと勇気がいるところですしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

春なのに、色が微妙な今季…

 

 

 いつも通りカラーパレットが充実しているユニクロUなのですが、今季に関してはちょっと色が微妙…。

 

そりゃ全部の色が良いなんてありえないのですが、それにしても今季はちょっと微妙。

 

パッと見で目を引くような色があっても、レディース向けという感じでメンズにはちょっとな…という物ばかりで。

 

前述のドリズラージャケットにしても、黒以外の色を選ぶと一気に魅力が下がってしまう感じ。

 

いつも色が魅力的なパーカー、スウェット、チノパンなどにあまり良い色が無かったですね…。

 

結局黒が一番良いなというアイテムが多く、色で遊ぶならニットかシャツでしょう。

 

 

 

f:id:narcisman:20200223143948j:plain

ドライタッチサマークルーネックセーター

 

 

 

f:id:narcisman:20200223144154j:plain

コットンリネンスタンドカラーシャツ

 

 

シャツやニットは発色が鮮やか過ぎず、使いやすい色が揃っていましたね。

 

 

ユニクロUではもう定番となったクルーネックTも、今季のカラーは悪くはないんですが、前期19AWのダークブラウンと比べると出色の出来というわけではありません。

 

 

f:id:narcisman:20200223162220j:plain

クルーネックT

 

 

 

 

20SS   34 BROWN

 

f:id:narcisman:20200223162101j:plain

 

 

19AW   38 DARK BROWN

 

f:id:narcisman:20200223161443j:plain

 

 

もちろん季節感、春っぽい明るさは今季の方があるのですが、単純な出来の良さなら19AWバージョンの方が良いですし、実はまだ並行してお店にあるので、見比べてみてください。

 

 

ちょっと贅沢なことを言っていますが、ヘインズのビーフィーなど白の無地Tならコスパが良いものは他に見つかるのですが、色が付いたものとなるとグッと少なくなる中で、これを継続してくれるのはありがたいですね。

 

 

www.narcisman.com

 

 

 

 

 

 

 

 

シャキッと穿けるパンツは少ない…

 

 

 トレンドがどんどんゆったりとしていく中で、トップスはどうしてもゆったりとしたものを選びたくなってくるのですが、そうであればよほどスタイルが良い人以外は、パンツのシルエットを整えて全身がルーズ過ぎる印象になるのは避けたいところ。

 

ここで言うパンツのシルエットを整える、というのは何も細いという意味では無いのですが、多少太いにしてもシャープなラインを描いてくれるものが望ましいですね。

 

 

 

f:id:narcisman:20200223165516p:plain

 

これは先程のドリズラージャケットに、昨年のユニクロUのスーピマコットンTシャツ、そして他ブランド(Phlannèlというブランドです)のパンツを合わせたコーディネートですが、上半身ユニクロでもシルエットの良いパンツを他から持ってくればそれっぽくまとめることは十分可能です。

 

何も3、4万円もするパンツでなくとも、スティーブンアランあたりで1万円台、UNITED TOKYOなどで1万円以下でも良いシルエットのパンツは今はありますからね。

 

全身ユニクロUで揃えず、パンツは他で…っていうのが一番手っ取り早いかもしれません。

 

 

これはムジラボとかもそうなのですが、ユニクロUは、トレンドラインなので、あまり細いパンツは出さないですし、チノパンやジーンズは得意なのですが、あまりシャキッと綺麗なラインを出してくるパンツがありません。

 

あえてその路線で言うなら、ワイドフィットテーパードパンツかな。

 

 

f:id:narcisman:20200223171351j:plain

ワイドフィットテーパードパンツ

 

 

f:id:narcisman:20200223171232j:plain

 

 

f:id:narcisman:20200223171315j:plain

 

これは全店舗展開なので、近くのユニクロ店舗で試しやすいのも良いですね。

 

全店舗展開アイテムは、よっぽどのことがない限り即完売ってことはないので、これもゆっくり見れます。

 

 

もう1型、こちらは店舗限定のコットンリネンワイドフィットテーパードパンツというアイテムもあるのですが、そちらはシルエット自体は良いのですが、如何せん生地にシワが付きやす過ぎて、シルエットがシャキッと出ないんですよね。

 

シワ感を付けて穿くパンツというのもあるにはあるのですが、センタークリースがあってそれだとちょっとだらしない印象(本来シャキッとしたスラックスをシワシワで穿いているような)になってしまうので。

 

シワ感を付けて穿くようなスラックスって、センタークリースは入っていないことが多いんですよ。

 

いっそセンタークリースを潰しちゃえば良いかもしれませんが…。

 

 

さて、今回のユニクロU2020の見るべきポイントをまとめると

 

・いつもよりライトアウターが良い

・色展開にはあまり期待しないほうが良いアイテムが多い

・チノパンやジーンズは強いものの、シャキッとしたパンツは少ない

 

という感じ。 

 

今回は特Aクラスの、いつもはユニクロでは買い物しないという人にも是非見てよ!とオススメするようなアイテムは残念ながら見つからなかったのですが、無難に使えるアイテムは多かったですし、全体の底上げ感はありました。

 

いつも言っていることではありますが、全身ユニクロUで揃えなくても、ちょっとずつ足りない要素を補いながらコーディネートを考えていけば、完成度の高い着こなしも十分可能だと思います。

 

ただやっぱりユニクロはユニクロ。

 

ユニクロUは注目度が高いですし、発信者的には美味しいネタではあるのですが、その分過剰な買い物を促しやすく、「要らない物まで買わせがち」にどうしてもなるので、そこらへんは上手く汲み取りながらお付き合い頂ければなと思います。

 

 

正直加熱しすぎじゃないかな…とは思います。

 

そこまでハードル上げ過ぎちゃうと、実物を見た時ちょっとシンドイのでね。

 

 

note定期購読マガジン、「オシャレ脳を鍛えよう!」配信中!

 

 

 只今noteで「オシャレ脳を鍛えよう!」という定期購読マガジンを配信しております。

 

 

note.com

 

 

 

2月21日更新のマガジンでは、ユニクロU2020のアイテムから、厳選したオススメアイテムの速報レポートを行っています。

 

 

note.com



今後さらに詳しいレポート、コーディネートの注意点などをじっくり解説した完全版も配信予定です。

 

 

 

ブログではどうしても言えない、ここでしか見られないオススメアイテム情報やQ&Aコーナー、各種速報なども随時配信しています。

 

過去に配信したコンテンツも一部有料コラム以外はすべて見ることが出来ます!

 

ありがたいことにnoteフォロワー数7000人を突破!

 

毎回無料パートも用意していますので、是非フォローしてみてください!