メンズのタンクトップを大特集!今年は「チョイ見せ」に回帰しよう?オススメのハイコスパアイテムも

スポンサーリンク

 

メンズのタンクトップレイヤード、今年は「チョイ見せ」に回帰しよう。

メンズのタンクトップを大特集!レイヤードに適したアンダータンクトップから、1枚でも着れるハイコスパアイテムまで!

 

 ちょっともう夏か?みたいな気候になってきましたね。

こうなるともう、一気に夏物が動きます。

 

選択肢がある内に、ある程度目星を付けておきたいものです。

今日は良品は夏までに完売してしまうタンクトップを特集します。

 

スポンサーリンク

 

レイヤードに適した完売必至の2枚、大人は「チョイ出し」に回帰しよう

 

 簡素になりがちなメンズの夏のスタイルでポイントになってくれるタンクトップレイヤード。

 

現在のトレンドは、スソがラウンドしていて長めのタンクトップをインナーにし、レイヤードして大々的に見せてしまうスタイル。

 

f:id:narcisman:20170506204225j:plain

出典 ttp://cdn.wimg.jp/coordinate/2v7njg/20170310111031395/20170310111031395_500.jpg

 

 

これが昨年は大流行。

若者向けブランドから、安価なレイヤード向けラウンドロングタンクトップが数多く出たことから、急増しました。

特に白をポイントとして使うスタイルがかなり目立ちましたね。

そう、皆やってる、という状態にまでなってしまったので…。

 

そこまで行ってしまうと、これから先若干下火というか、廃れていく可能性もあるトレンドだったりします。

そんなわけで、これは去年から言っていることではあるのですが、あまりにもアンダーに着たタンクトップを見せすぎる、というのはこれからはますます止めておいたほうが良いでしょう。

 

大人っぽく、シンプルにタンクトップレイヤードを取り入れるなら「チョイ出し」がカギです。

そもそも、タンクトップレイヤードというのはほんの少し、恣意的にではなく、さり気なくスソを出すものだったはず。

これに少しずつ回帰しましょう。

 

まずは「レイヤードのために作られたラウンドタンクトップ」を2つ紹介します。

 

1つめは昨年も紹介したKAZUYUKI KUMAGAIの「80/2テレコ タンクトップ」。

 

 

f:id:narcisman:20170506211014j:plain

出典 ttp://www.area-website.com/products/detail17856.html

 

「KAZUYUKI KUMAGAI」は、「ATTACHMENT」と同母体の別ラインといった関係なのですが(大抵同じショップでどちらのラインも扱われています。)、

ATTACHMENTの方のタンクトップはあの武井壮氏がいつも着用しているタンクトップです笑

 

こちらのタンクトップは完全にスソ見せレイヤードを前提としていて、着丈が長く作られ、スソがラウンドしています。

身体にピタッと沿うようにしながら、腰で溜まらず落ちていってくれます。

アイテムのサイズ表記だけを見ると、着丈が60ちょいとかなり短く感じますが、実際にはかなり長めのアイテム。

ラウンドのタンクトップというのは、前後は長く、両脇は短く、という構造をしているので、おそらく短いところを計測しているんじゃないかなあ?

 

それでなくてもタンクトップって構造上どうやって計測したら良いのかよくわからないアイテムですよね…。

 

最小サイズでも結構しっかりと長いので注意してください。

 

 

f:id:narcisman:20170506210406j:plain

出典 ttp://wear.jp/pair1494/3548425/

 

 

f:id:narcisman:20170506210455j:plain

出典 ttp://wear.jp/pair1494/3352620/

 

近年、カットソーやニットの着丈がどんどん長くなっていましたが、そんなアイテムとレイヤードした時にちょうどよく出てくれる、そんな長さでした。

かなり人気アイテムでいつも夏までに売り切れてしまって、秋冬の立ち上がりでも出るようなアイテムです。

 

今期は店舗限定でカモ柄も出ています。

f:id:narcisman:20170508192933j:plain

出典 ttp://www.attachment-ec.com/products/detail.php?product_id=2964

 

ここのカモ柄は、落ち着いた色味だけで構成されているので、使いやすいですよ。

 

 

 

そして今年新たにオススメしたいのが、「CURLY (カーリー)」の「AZTEC TANK」です。

 

f:id:narcisman:20170506214142j:plain

CURLY (カーリー)172-00041 【AZTEC TANK】 ランダムリブスムース タンクトップ

 

このアイテムの「スソの出具体」が、今の「出しすぎ」なトレンドからの反動でかなり絶妙に感じますね。

 

 

 

f:id:narcisman:20170506215838j:plain

出典 ttp://curly-cs.com/theWeft/delivery/37561/

 

 

もちろんこれはサイズ、上に着るアイテムの着丈等にも影響される話ではあるのですが、今はこれくらい、出過ぎない感じがベストだと思います。

 

f:id:narcisman:20170506220329j:plain

CURLY (カーリー)172-00041 【AZTEC TANK】 ランダムリブスムース タンクトップ

 

少し太めに取られたストラップは、タンクトップらしくないかもしれませんが、あまり首が大きく開いているわけではないカットソー(つまり、今主流のアイテム)などとの重ね着前提なら問題なし。

 

f:id:narcisman:20170506220436j:plain

出典 ttp://curly-cs.com/theWeft/delivery/37561/

 

今年はあまりスソを出したくない、と思って最小サイズも買ったのですが、身幅は大きめに取られているので窮屈感はありません。

縫製もこのブランドらしく、かなりしっかりしています。

レイヤード向けのタンクトップってかなり薄手に作られていて、下着感が強すぎてとてもじゃないですが1枚で着ることは不可能なのですが、これは1枚でも着られるくらいの厚さもあり、透け感もありません(あくまで重ね着がオススメですが)。

  

オススメはライトグレー。

f:id:narcisman:20170506222051j:plain

CURLY (カーリー)172-00041 【AZTEC TANK】 ランダムリブスムース タンクトップ

 

一口に「グレー」って言っても、かなり色々な色味がありますし、正直メンズのグレーって良いものが少ないんですが、このグレーはすこーしだけ淡いパープルがかったようなとても綺麗な発色をしています。

 

白だと、チラ見せした時にポイントになりすぎる、という場合が多いんですが、グレーだと緩やかな印象に緩和されますね。

私ナル男、実はかなり「黒系のカットソー」って苦手だったりします(紹介することが少ないと思います)。

 

結構キツい印象になってしまうので。

今年は何枚か黒系のカットソーに手を出しているんですが、このライトグレーのタンクトップを合わせるとビックリするくらい黒のキツさを緩和出来るんですよね。

 淡いトップスと合わせても良いですし。

定番の白も黒も良いですが、この綺麗なライトグレー、オススメです。

 

これ1枚約5000円強。

決して安くはないですし、GUのタンクトップが800円で買えてしまうことからすると、お高く感じるとは思うのですが

細かいところへの強いこだわりが感じられますし(例えば表地はデザイン重視、裏地は肌触り重視と編み地を使い分けています)、何より着ていてとても気持ちが良い。

 

生地感や縫製から、そんなにすぐにダメになるわけではないことも考えると十分質と価格のバランスが取れています。

それにこれ自社工場持っているブランドだから出来る価格で、かなり頑張っていると思うんですよね。

 

全てが高次元でまとまっていて、今年のタンクトップでダントツのオススメです。

これは本当に一度着てみて欲しい!

 

タンクトップって試着が難しいアイテムなので、おそらく1枚試しに買って、リピートで何枚も購入って流れになると思うので、ここから夏までに完売してしまうと思います。

 

昨年は実は完売で紹介できなかったアイテム(私も入手出来ませんでした…)。

発売直後の今、どんどん減っていは来ていますが、まだ在庫が残っているのでチャンスですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

中間価格帯には限界も…それならGUや無印良品で良いかも、3000円で買えるハイコスパタンクトップはコレ!

 

 タンクトップはレイヤードでも一番下に着ることになる、身体に密着するアイテムですから、なるべく綿100%で選びたい物。

 

4000円以下で買えるタンクトップも何枚かリサーチしたのですが、そもそも安くて綿100%の物というのがなかなかなかったりします。

あるにはあるのですが、綿100%だからといってそこまで高品質というわけでもなく、2000円くらいの物であれば、ぶっちゃけGUのタンクトップの方が着心地も生地感も良かったり…。

 

 

とりあえずタンクトップレイヤードがしたい、というなら良いのですが…。

 

スソがラウンドしていたり、ロング丈だったりといった、「レイヤードのために作られたタンクトップ」ではないのですが、タンクトップとしてとてもコスパの良いアイテムがこちら。

 

f:id:narcisman:20170508195804j:plain

出典 ttp://zozo.jp/shop/trove/goods/11102125/?did=26206734

 

ドメスティックブランド「TROVE(トローヴ)」(イギリスに同名の革小物ブランドもあるんですが、こちらは日本国内のブランドです)が展開している「ゴッドサウス」というシリーズのアイテム。

 

「ゴッドサウス」というのは、TROVEの直営店がある渋谷「神南」を言い換えた遊び心のあるシリーズなのですが、タンクトップは至ってシンプル・質実剛健な作り。

 

タンクトップにしてはかなりガシッとした作りで、中厚のTシャツくらいの厚みがあります。

透け感もありません。

タンクトップって、「下着」にするため伸縮性のある素材が使われていることが多いんですが、これはTシャツと同じような、伸縮性のほとんど無い素材が使われています。

 

首の開きも比較的小さく、ストラップも細すぎないので、そういう意味でも下着感が少ないですね。

生地感も良いですし、夏場暑い時期にこの上に直接何かを羽織り、日中暑くなってタンクトップ1枚になったとしても恥ずかしくない、そんなアイテムです。

 

重ね着も出来ますが、本格的な夏には少し暑いかもしれません。

 

タンクトップって繰り返しの選択でどうしてもヨレてくるのですが、これはかなりしっかりとした作りでヨレにくく、最低2年は使えるはずです。

この価格帯では群を抜いてコスパを感じるアイテムです。

 

 

数が欲しいし、もっともっと安くタンクトップを手に入れたい、という場合は昨年も紹介したGUの「ウルトラコットリブタンクトップ」も変わらずオススメです。

 

 

www.narcisman.com

 

こちらサイズが小さめなので注意を。

Sサイズも買いましたが小さすぎてほとんど着なかったですね。

綿100%でこの価格は脅威的です。

 

あとは、化繊でも全く気にしない!という人には、無印良品のパック入りのタンクトップも発色が綺麗です。

 

f:id:narcisman:20170508204329j:plain

出典 ttps://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738664970

 

その名も「さらっとした 涼感メッシュ編みタンクトップ」。

 

これは無印良品定番のオーガニックコットンに、 ポリエステルを加えて汗を素早く吸い込み、速乾性も加えた機能性インナー。

 

このグレー、この価格帯でありがちな濁ったグレーではなく、透明感のあるグレーでなかなか綺麗です。

「アイスグレー」とかオシャレな名前を付ければもっと売れるのに笑

 

着丈も長めに作られており、サイズを大きくしなくても重ね着してちょうどよく見えるくらい。

ラウンドはしていませんが、レイヤードにも向きます。

 

私はどうにもこうした化繊の機能性インナーが苦手で、涼感を感じるより先に不快感を感じてしまうタイプなのですが(こちらも着ていて気持ちよくはなかったです)、そうは感じない人も多くいますからね。

 

こちらも化繊でも気にしないよという人にはオススメです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク