無印良品の新生MUJI LABO(ムジラボ)2018シーズンをスタート!シャツやパーカーなどハイクオリティアイテムに注目!

スポンサーリンク

 

新生MUJI LABO(ムジラボ)2018SSスタート!ハイクオリティなシャツは健在!パーカーもブラッシュアップ!注目アイテムを見逃すな!対一弾&第二弾アイテムをレビュー!

 

 

 

 昨年大幅リニューアルされた無印良品「MUJI LABO(ムジラボ)」の2018シーズンが始まりました。

 

MUJI Labo 紳士 | 無印良品

 

昨年と比べるとかなり早く、しかもかなりひっそりと立ち上がったので、まだ気付いていない方も多いのではないでしょうか?

 

今回はMUJI LABO(ムジラボ)2018年第一弾(1月下旬リリース)、第二弾(2月上旬リリース)アイテムの紹介とオススメアイテムの紹介をしたいと思います。

 

※第二弾アイテムはオンライン上で実店舗在庫を調べるとほとんど取り扱い店舗が無かったり(北海道の店舗のみなど)、「ただ今、すべての店舗で在庫がございません。」などと表示されてしまいますが、実店舗には普通にあったりします。

 第一弾アイテムも同様です。

MUJILabo取扱い店舗自体は限られていますが、もう無いんだ…と早合点せずお店に行くか問い合わせしてみてください。

 

MUJILabo取扱い店舗一覧 | 無印良品

 

 

MUJI LABO(ムジラボ)とは

 

 

 隙間がないほどにぎっしりと服が並んだクローゼットよりも、
 自分の生活に寄りそう、ほんとうに必要なものを数点だけ、
 ゆとりをもってしまっているクローゼットに豊かさを感じます。
 服は本来、たくさん持つ必要はないのかもしれません。
 飾り立てるファッションから距離を置いた、実験室。
 ここから、将来の無印良品のベーシックが生まれます。

 

 MUJI Labo | 無印良品

 

 

このようなコンセプトの下、2017年にリニューアルされた無印良品の実験的かつ実質的上位ラインです。

無印良品通常ラインには無い、やや高価かつ小点数ながらユニークなサイジングやデザイン性、より上質かつ実験的な生地をつかったアイテム。

 

デザインディレクターにドメスティックブランドのデザイナーを起用することで、今までの無印良品にはない「ドメスティックブランドの香り」がするのも特徴です。

 

 

MUJI LABO(ムジラボ)2018シーズンの大きな特徴、サイズ展開

 

 MUJI LABO(ムジラボ)2018シーズンの大きな特徴は、アウターを中心としてトップス類のサイジングがほぼ「S-M」「L-XL」の2サイズ展開になっていること。

 

大きいか小さいか、の大雑把なサイズ分けは、2017シーズンにサイジングの大きすぎるアイテムが多かったためにSサイズが即完売、Mサイズより大きいサイズが売れ残る…というムジラボに多発した事態を受けての見直しなのでしょうか…。

 

いやーこの方向性は想定出来なかったなあ。

 

そのためどうしてもサイズが合わない…という人も多くいそうです。

 

 

もっとも、ムジラボのアイテムは現在トレンドのゆったりとしたシルエットをかなり意識したものとなっています。

そのためちょっとしたオーバーサイズでもかえってバランスが良かったりするので、サイズの先入観なく出来れば両サイズを試してみたりすると良いでしょう。 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

アウター

 

軽量撥水ナイロンコート

 

f:id:narcisman:20180126024347j:plain

軽量撥水ナイロンコート | 無印良品ネットストア

size S-M/L-XL(2size)  color BEIGE/NAVY/BLACK

fabric nylon100%

 

 アウターはまず第一弾として4種類がリリース。

1つめは非常に軽量なナイロン生地を使ったステンカラーコート。

 

カチッとしたステンカラーコートでは全く無く、裏地がないのでシャツコートのようにシャツやカットソーの上から軽く羽織るようなイメージ。

 

肩の落ちるドロップショルダーで、ビッグシルエット気味に作られてはいるものの、素材とカッティングでスッと生地が落ちてくれるので、タテのシャープさも強調出来、割とスマートに着ることが出来ます。

 

ポケットも脇下のシームに沿って配置し、ミニマルに。

 

出来自体は結構良いと思います。

 

うーんただ、上位ラインとはいえ、無印良品のコートにこの値段を出してこのペラペラ感だと、定価で買うのはよほど無印良品ファンでないとちょっと厳しいんじゃないかな?というところ。

 

もっともムジラボ2018は、昨年とは違ってひっそりとやるつもりなのか、取り扱い店舗数が激少の上にネットショップの在庫も最初からかなり少ないですね。

 

少点数を一気に売り切ってしまう戦略なのかもしれません。

 

 撥水ナイロンノーカラーコート

 

 

f:id:narcisman:20180202032509j:plain

 撥水ナイロンノーカラーコート 

size S-M/L-XL(2size)  color BEIGE/NAVY/BLACK

fabric nylon100%

 

 こちらは同じナイロンコートでも、軽量撥水ナイロンコートとは異なり、しっかり肉厚なナイロンを使ったナイロンコート。

 

表面に塩縮のような凹凸感を出して表情を出しています。

 

着丈も長く、比翼でノーカラーのジップコート。

無印良品とは思えないファッション性の高いアイテムです。

 

ムジラボは「次のベーシックへの発展を目指したラインナップ」を志向しているようですが、私がアイテムからその方向性を解釈すると、要するに「攻めている」ということ。

 

無印良品のラインナップの素材だけをアップデートさせても、そこに付加価値はないと考えて、デザイン性をプラスして、日常着+αの「勝負服」となりうるようなものとしているということなのです。

 

このノーカラーのコートなんかは、今までの無印良品では絶対にありえなかったようなデザイン性の高さとクオリティを感じることが出来ると思います。

 

ユニクロUなんかを見ても、デザインに、質が追いついてこないと、魅力的な、付加価値を感じるアイテムにはならないんですよね。

 

ようやくムジラボからもそういうアウターが出た、と言えますね。

 

 

f:id:narcisman:20180202044526j:plain

 

HPでは分かりませんが、このアイテムと次のデニムノーカラーコートはともに、ジップアウターですが「ダブルジップ」ではありません。

 

※ダブルジップとはファスナーが2つ付いていて、上下両方から開閉できるもの、これにより着こなしにアクセントを加えられる。

 

もっとも比翼タイプでジップは直接見せないタイプですし、ジップ自体も一番下からではなく途中から始まるタイプなので、そこまで大きい問題ではありません。

おそらくなのですが、コート類は軽さを重視していて、あえてダブルジップの採用を見送っているのかな?とも思います。

パーカーには採用されていますからね。

 

注目のユニクロU2018からもアウターが出揃い「ブロックテックコート」が付加価値の高さを感じさせるものの、かなりビッグシルエットのコートということでかなり難しいといったアイテムになっています。

 

www.narcisman.com

 

それと対比した時に、こちらはサイズ感ではなくそのデザイン性の高さに難易度があると言えるでしょう。

 

ただ、今回のムジラボアウターの中で最も高い付加価値を感じることが出来るアイテムです。

 

スタイリングに自信がある人には挑戦してみたくなる質の高さだと思いますね。

 

 

ジャパンファブリックデニムコート

 

 

f:id:narcisman:20180126025946j:plain

ジャパンファブリックデニムコート 

size S-M/L-XL(2size)  color BLUE

fabric cotton100%

 

アウターではこれが一番アイテムとして着やすい、コーディネートに取り入れやすいのかなと思います。

やや厚手のデニム生地は、デニムシャツの延長ではなく、しっかりとデニムコートとして着用出来、色落ち具合にも雰囲気があります。

 

バランスの良いビッグシルエット、シームに沿ったスラッシュポケットなど撥水ナイロン同様1つのアイテムとしてまとまっています。

 

昨年のムジラボコートには、この完成度の高さが無かった。

ムジラボ、確実に進化をしてますね。

 

 

ジャパンファブリックデニムノーカラーコート

 

f:id:narcisman:20180202083502j:plain

ジャパンファブリックデニムノーカラーコート

size S-M/L-XL(2size)  color BLUE

fabric cotton100%

 

こちらはデニムコートのノーカラー版。

肩の力が抜けた、非常に「今っぽい」春のコートですね。

 

とはいえ、比翼部分にも「アタリ」を出してジップの形が浮き出されているなど、細かいこだわりが見て取れる、芸の細かさ、完成度の高さを感じられるコート。

 

今季のムジラボは1つ1つのアイテムが丁寧に作られている印象があって、好印象ですね。

 

大きな告知無く、いつの間にか始まっていたり、入荷しているアイテムがオンラインショップに上がっていなかったりといったことはありますが、アイテムには気合が入っています。

 

少ない取り扱い店舗数ですが、お近くに取り扱い店舗がある方は是非見てほしいですね。

 

パーカー

 

綿混二重編みパーカー

 

【オススメ第二位】

 

f:id:narcisman:20180210114925j:plain

綿混二重編みパーカー 

 size S-M/L-XL(2size)  color GRAY/NAVY/BLACK

fabric polyester51% cotton41% polyurethane8%

 

 

 2018SS第二弾入荷のアイテムです。 

 

個人的に勝手に「宇宙パーカー」と呼んでいるアイテム。

昨年初登場時になんとなく近未来のパーカーのように見えたんですよね。

 

パーカーに定評のある無印ですが、こちらは通常ラインのパーカーとは大きく趣を異にします。

 

 

無印良品 オーガニックコットンムラ糸裏毛ダブルジップパーカー 

 

f:id:narcisman:20180210120914j:plain

オーガニックコットンムラ糸裏毛ダブルジップパーカー 

 

無印良品のパーカーは生地にあえてムラ感を出し古着のような熟れた雰囲気を出しています。

 

対してムジラボのパーカーは、「究極のミニマルパーカー」

 

フードのコード(ヒモ)など一切のディティールを無くし、何より生地からもシワを一切無くすことを目指しているようなのです。

 

 

f:id:narcisman:20180210120742j:plain

 

アームホールなども無印通常ライン と比べると大分太いなあと思うのですが、それもシワを無くすためと考えるとナルホドと納得出来ます。

 

ポリエステルメインで無機質な質感をした生地は、とにかくシワを生みません。

 

さらに今年は、ポケットも改善されて、脇のシームに沿ったスラッシュタイプになり、よりミニマルに。

 

f:id:narcisman:20180210122139j:plain

 

何より嬉しいのが、昨年はシングルジップだったジップが今年はダブルジップになったこと。

 

パーカーは絶対にシングルジップよりもダブルジップが良いので、これは大きいですね。

着こなしの幅が変わります。

 

今年は現代的な都市型のパーカーになったという感じでしょうか。

昨年よりも大幅にクオリティアップしています。

 

コードが無いため若干フードの形がキマリづらいですが、生地の厚み的にもパーカーというよりはアウターに近いアイテム。

 

旅行などにも大変良さそうです。

 

アイテムとしての良さが一番よく出ているのがブラックなので、まずはブラックを見てみて下さい。

 

第二弾入荷アイテムは他に、綿混二重編みロングTシャツ、綿混二重編み作務衣カーディガン、綿混二重編みロングカーディガン、綿混二重編みワイドクロップドパンツがリリースされています。

 

ただどれもクセが強いアイテムなので、綿混二重編みパーカーの黒を試してみてください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

シャツ

 

ジャパンファブリックインディゴ長袖シャツ

 

【オススメ第一位】

f:id:narcisman:20180126032555j:plain

ジャパンファブリックインディゴ長袖シャツ  

size S-M/L-XL(2size)  color BLUE/DARKNAVY

fabric cotton100%

 

 これは無印良品のシャンブレーシャツの最高傑作。

 

何の変哲もないシャンブレーシャツかと思いきや、生地が全くノーストレスで着れる滑らかさと落ち感、ドレープの美しさを持っているのです。

 

無印良品はじめシャンブレーシャツを幾度となく買ってきましたが、ただ生地が薄いだけではこの感じが出ないのです。

 

まずはこのシャンブレーシャツの生地。

滑らかで、かつ生地の緩やかなドレープが美しい上質なものが使われていますね。

 

そしてやや着丈は短く、逆に身幅はワイド気味に取ることによって、この生地の落ち感やドレープを最大限に活かしています。

 

f:id:narcisman:20180126040852j:plain

ジャパンファブリックインディゴ長袖シャツ 

 

 

エリの形も綺麗。

 

現在オープンカラーシャツが全盛となっていますが、そんなリラックスムードをエリがしっかりとしたシャツで体現しているバランス感が良いですね。

オープンカラーシャツは苦手、という人には是非オススメしたいですね。

 

唯一の欠点はやや大きめで、目立ってしまうボタンの配色くらいでしょうか(一応近くで見るとそこまで安っぽくはありません)。

 

ボタン以外はかなり完成度が高く、なおかつトレンドにも合致したシャツで、今春の「勝負シャツ」になること間違い無し。

ちょっと高いですが、これはオススメです。

 

前回紹介後にオンライン上ではダークネイビーのS-Mサイズが完売してしまいましたが、実店舗には結構あります。

(最初に述べましたが、無印のオンライン上で見れる実店舗在庫はかなり実態とズレがあります。)

 

 

ボトムス

 

ジャパンファブリックデニムストレッチワイドパンツ

 

【オススメ第三位】

f:id:narcisman:20180126034125j:plain

ジャパンファブリックデニムストレッチワイドパンツ

 

size 23/24/25/26/27/28/29/30/31/32/33(unisex size)

color BLUE/NAVY/DARKNAVY

fabric cotton98%   polyurethane2%

 

 

185cmのモデルさんのせいでクロップドに近いような着用画像になっていてちょっと可哀想なこのアイテム(さらに靴もイマイチ…)。

 

テーパードのほとんどかかっていない、シンプルなストレートのワイドパンツですが、これが結構バランスが良い。

丈が短いので、ワイド特有のストンという落ち感が分かると思います。

 

これも厚手のゴワゴワっとした生地だと、落ち感が綺麗に出ません。

絶妙な厚さのデニムを使用することによって、綺麗な落ち感を出しているのです。

(もちろんウールのワイドパンツの落ち感には及びませんが)

 

今回のムジラボ、この「落ち感」をほぼ全アイテムで意識している感じがしますね。

 

今季リーズナブルな価格帯でワイドデニムが欲しいならとりあえずまずコレを穿いてから、っていう感じになりそう。

 

ウエストでサイズを選んだら上下2サイズくらい試してみてください。

理想の落ち感を選択出来ると思います。

 

カラーは、ダークネイビーがおそらくワンウォッシュくらいでほとんど色落ちのない生地、ネイビー→ブルーの準で加工による色あせが強くなっていきます。

 

私はダークネイビーが、ほぼ加工無しで生地のハリ感が保たれていて、ワイドシルエットと相性が良いように感じました。

 

 

MUJI LABO(ムジラボ)のDNAを受け継ぐアイテムが無印良品通常ラインにも!

 

 今季は無印良品の通常ラインにも、MUJI LABO(ムジラボ)のDNAを受け継ぐアイテムが登場。

 

その一例がオーガニックコットンブロードプルオーバーリブ付シャツ。

 

 

オーガニックコットンブロードプルオーバーリブ付シャツ

 

f:id:narcisman:20180126042305j:plain

 オーガニックコットンブロードプルオーバーリブ付シャツ 

size S/M/L/XL(4size)  color WHITE/NAVY

fabric cotton100%

 

 

 通常カットソーには使われない、逆にシャツやブラウスに用いられる布帛(ふはく)を用いた「カットソーデザインのシャツ」。

 

布帛(ふはく)をカットソーに用いる点、カットソーデザインでシャツというアイテム、ここらへんは昨年のMUJI LABO(ムジラボ)の影響を感じますね。

ちょっとレディース感のあるところや、袖がリブになっているところなど、無印良品のメンズ通常ラインにはなかなか見られないデザイン性を感じるところです。

 

MUJI LABO(ムジラボ)が無印良品通常ラインにそのDNAを残すようになると、ともすると「ベーシック」一辺倒になりがちな無印良品のアイテムにも徐々に変化が起きるかもしれません。

 

第二弾もリリースされてラインナップも充実してきました。これから来るであろうアイテムにも要注目ですね。

 

皆待っている「白シャツ」はどうなるのか?楽しみです。

 

 

スポンサーリンク