ナルシストで何が悪い?

ナル男が運営する、主にファッションを紹介するブログです。

ブランド紹介、CURLY(カーリー) 取扱オンラインショップ一覧

 

CURLY(カーリー)のブランド紹介と、全国のオンラインショップ一覧です。

 

 

 

 

f:id:narcisman:20190813223025j:plain


 

 

 

 

 

CURLY(カーリー)とは?ブランドの特徴、今最もフェアなモノづくりをしていると感じられるカットソーブランド!

 

 

 CURLY(カーリー)は、香川県で縫製業を営む「川北縫製」を母体とする、いわゆるファクトリーブランド。

 

他の縫製業と同じく1990年代から中国製品に押され、製品に対する妥協をしてしまったところ、逆に中国製品とのクオリティの差が無くなり、2000年初頭工場の大幅な縮小を余儀なくされてしまうことに…。

 

このことへの反省から、当時セレクトショップのバイヤーをしていた伊藤裕之氏をデザイナーに迎え、企画やデザイン、素材選びから縫製などバラバラに行われていた服作りのプロセスをほぼ一貫して自社で行うブランド、CURLY(カーリー)が誕生しました。

 

CURLYの特徴は、基本的にカットソー、つまり伸縮性のある素材でほとんどのアイテムを作るということ。

 

着ていてストレスを感じさせない服作りを志向しており、例えばトラウザー一本取ってみても、恐ろしいほどに穿いていて着心地が良いのです。

 

家に帰り、部屋に戻った後もずっと着ていたくなるような工夫が随所に施されています。

 

 

ただ、やはりカットソーと聞いて一般的にイメージするような、いわゆるTシャツが一番オススメしたいアイテム。

 

 

特に昨年リリースされた「SDH」シリーズは、CURLYの無地Tシャツにおける最高傑作的な存在。

 

 

f:id:narcisman:20190813213929j:plain

 

「SDH」とは、高級インド綿である「スビン」と「DCH」を混紡し、それぞれの良さを掛け合わせたもの。

 

滑らかな触り心地・着心地だけではなく、シルエットに多大な影響を与えるハリ感や洗濯を繰り返しても劣化しにくい耐久性すら獲得した最高の素材になっています。

 

それまで同系統のカットソーに採用されていた「PPM(ペルーピマコットン)」と比べても、全ての面でバージョンアップされていると言って良いほど。

 

 

スソはタイプによって形が異なるものの、最もベーシックなクルーネックタイプではラウンドタイプを採用。

 

 

f:id:narcisman:20190813220455j:plain

 

  

f:id:narcisman:20190813220603j:plain

 

前後で異なる立体的なパターンを採用し、 レイヤードをしたときの見え方だけでなく、カットソー1枚だけになったときの見栄えにもこだわっています。

 

横から見ても、後ろから見てもカッコいい。

 

そんな見え方にこだわりを持ったカットソーを作るブランドはそう多くはありません。

 

そしてそれを支えるのが、高度な縫製技術。

ラウンドしたスソも丁寧に縫われており、かつ補強もしっかりなされています。

 

 

f:id:narcisman:20190813222642j:plain

 

伸びやすい首周りなどもしっかりと補強。 

 

 

今年も昨年とほぼ同じアイテムがリリースされて、新品と何度も洗濯を繰り返したものを比べるのですが、本当に劣化が少なくて驚かされます。

 

 

この夏は、SDHと同系統の素材として「ABN」という新しい生地を使ったアイテムをスポットアイテムとして投入。

  

 

 

f:id:narcisman:20190813224203j:plain

 

 

f:id:narcisman:20190813221918j:plain

 

 

「ABN」は、イタリアの有名な生地メーカーALBINI(アルビニ)社の生地を使用しているところからきています。

 

高級シャツに使われるような糸をカットソーに使ってしまった贅沢な生地。

よりハリ感があり、1枚で着たときの見え方がシャープになりました。

 

 

こうして新素材の採用にも貪欲ですし、定番アイテムも何らかのアップデートがなされて毎年リリースされることが多いのです。

 

 

 

f:id:narcisman:20190813213911j:plain

 

 

また、アイテムごとに異なるものの、ライトグレーの発色が素晴らしいのもこのブランドの特徴。

 

わずかにパープル掛かったような、お手本のような綺麗なライトグレーは、毎回白よりも人気で真っ先に完売します。

 

 

ユニクロの「スーピマコットン」シリーズなど、高級素材を使用し、それなり以上に見えてしまうカットソーが低価格で買えてしまう現在。

 

そんな時代であっても「安い」と思ってしまう、そんなハイクオリティでフェアな価格設定が魅力のブランドです。

 

 

 

 

CURLYは基本的にはそのシーズンのアイテムは一度のみの入荷による売り切りで、シーズン内での再生産がありません。

 

定番的なカットソーであっても、入荷時期を逃すと次の年まで全く同じ物は手に入らなかったり…。

 

 

全国のオンラインショップ一覧を掲載しておくので、是非このページをブックマークして頂いてアイテム探しにご活用ください。

 

  

【北海道】 Tuff

【北海道】   sloop

【岩手】 1989

【宮城】 Snipe

【宮城】 BAZAAR by GIFT

【福島】 Lapel

【新潟】 essence

【茨城】 CLIFF

【神奈川】Euphonica

【長野】 ANOTHER LOUNGE

【長野】 Stripe-inc

【富山】  A.B.C.

【富山】 NapsNote

【福井】 DISCOVERY

【静岡】 ART SCAPE

【静岡】 SOUP MEN'S

【石川】 Transistor

【岐阜】 HAMMOCK

【愛知】 MOVIE GANG

【愛知】  Panio

【三重】 Diffusion

【三重】 notable

【三重】  KNOCK OUT

【奈良】 have a golden day!

【大阪】 rroomm

【大阪】 george

【大阪】 heine

【和歌山】Cotyle

【兵庫】 CLOTH+CROSS

【兵庫】 happy go lucky

【広島】 ローカルズオンリー

【広島】 RIZID

【鳥取】 In Bloom

【島根】 Giraffe

【鳥取】 HUMAN and THINGS 

【岡山】 Avelia

【岡山】 onfleek

【山口】 Reggieshop

【高知】 RADICAL

【福岡】 REMARKS

【福岡】 GOUACH fukuoka

【宮崎】 COLLECT STORE

【熊本】 MEETS

【熊本】 acoustics